最近のトラックバック

« 宇治田原お茶パーティー その4 妖怪茶会 | トップページ | 妖怪茶会 補足情報 »

2006年10月15日 (日)

宇治田原お茶パーティー その5 茶香服大会

お茶パーティーは15時で終了ですが、その後16時から茶香服大会がありました。チラシには「町民茶香服大会」とあるので、のどかな感じを想像していたのですが、間違いだった・・・。

片付けが押していたため、16時過ぎに会場のJA宇治田原支店に到着。そこにはちょうど受付を済ませたところの、お花さんと茶友Sさんがいた。チャムリエさんのお誘いで参加だったので、まとめてインストラクター連中3人として受付されていた。他の人は地域別に受付。参加費300円。

会場では来賓挨拶中だったので、区切りが付くまで外から観覧。しかし、えらい参加者多いなあ。200人近くいたかも。そして来賓も多数。なぜか衆議院議員さんが二名もいる。

宇治田原茶業青年会 主催
宇治田原町長杯争奪
第7回町民茶香服大会次第

1.開会宣言
2.会長挨拶
3.来賓挨拶
4.来賓紹介
5.町長杯返還
6.競技説明
7.競技開始
8.競技終了後来賓挨拶
9.ビンゴゲーム
10.表彰式
11.閉会の挨拶

でも一番驚いたのは競技の「今日のお茶」の品揃え。うわー、マニアックすぎ。こんなん区別付くかいっ! 3人で、「今日はおいしいお茶を楽しもうか」と勝負は捨てて、ビンゴゲームに懸けてました。しかし、宇治田原の子ども達は、こんな大会で鍛えられて大人になるんやなあ。

「今日のお茶」
花:宇治田原産手摘玉露  (1番茶)
鳥:宇治田原産機械摘玉露 (1番茶)
風:宇治田原産手摘煎茶  (1番茶)
月:宇治田原産機械摘煎茶 (1番茶)
客:宇治田原産機械摘煎茶 (2番茶)

普通は産地別でお茶を組み合わせるのですが、全部宇治田原産とは・・・。しかも手摘と機械摘の組み合わせも絶妙・・・。風のお茶は、少しかぶせてあるとか。玉露に近くなるやん。風は曲者やなー。

茶香服(ちゃかぶき)、全然知らない人はCHAO-TAOさんとこの"当たるようで当たらない「茶香服」の話" をご覧ください。CHAO-TAOさんもこの大会出たことあるんや。要は「今日のお茶」にあがっている5種のお茶当てを5回します。5種類揃って一度に配られるのではなく、1種類ずつ配られて、その時にどのお茶か決めて解答を出さねばならないところがポイント。最初に間違うと、必然的に後も間違うのです。

今回の競技では、茶葉10gで1分半浸出、1席24人。1席とは、一人の煎じ手(お茶をいれる人)に対して飲む人々の集まりを指します。一人で百人分も一度にいれられないので、グループ毎に競技をします。よって、お茶が出てくる順番も席毎に異なります。

競技始め10分間は予備審査。競技に使う茶葉を席毎で順に回して見ていきます。お茶の取引をしている人なら、この時点でお茶の味が予測できるとか。ここで得た情報は、1回目の競技に役立ちます。

花:宇治田原産手摘玉露  (1番茶)
Photo_22

鳥:宇治田原産機械摘玉露 (1番茶)
Photo_23

風:宇治田原産手摘煎茶  (1番茶)
Photo_28

月:宇治田原産機械摘煎茶 (1番茶)
Photo_25

客:宇治田原産機械摘煎茶 (2番茶)
Photo_26

予備審査が終わったら、いよいよ浸出したお茶がやってきます。お猪口ぐらいの湯呑みに少量お茶が入っていて、配る人のお盆から各自一碗ずつ取っていきます。競技の公平性を保つために、1煎目が列の左から配られたら、2煎目は列の右から配られていきます。配られるまでの時間はしばらくあるのですが、配ってから解答を出すまでの時間が短い。

1回目の競技でどれだけお茶の様子のメモを取るかが、これからの勝敗の分かれ目。後になるほど舌が麻痺してくるので、味はあてになりません。浸出液の色や香りをよーくみて、メモしていきます。

「お茶を楽しもうね」とか言ってた割には、めっちゃ真剣にお茶をみてた私たち3人。でも疲れているので、お茶待ちの間はかなりぼーっとしてしゃべくっていました。

1回目の競技が終わると、その時に正解が表示されます。ここで初めて浸出したお茶の種類がわかるわけです。2回目は、1回目のお茶の様子を思い出しながら判断。3回目は2回目で間違ったところを修正していきます。私の場合、3回目あたりからだれてきます。3回目が終わったところで休憩。3人ともとても寿司が食いたい状況でした。いつもならこの辺でトイレが近くなるんだけど、今日はハラ減ってそれどころじゃなかったんかな。

4回目で、とうとうやってしまいました。先に出した札、間違えた・・・。この3煎目が風やった。くう。でも、その辺りの反省も踏まえてか、5回目で初の皆点! "皆点"(かいてん)とは、5点満点のことです。今まで2点か3点ぐらいしか取れんかったけど、ようやく全部合った。わーい。こんなん区別付くかいっ!と思ってたけど、合ったな。ということはマニアックなのか、私。自分の解答を振り返ってみると、やはり、鳥と風のお茶の区別が付いていなかったようです。

Photo_27

こんな感じで、席毎に得点表が貼られています。私たちは来賓の皆様と同席でした。この写真を撮っているときに来賓席の人から名前を呼ばれて「15点か、なかなかいいな」と言われたんだけど、誰? 後からわかったけど、宇治田原の町長さんでした。目を付けられたか?

競技が終わったら即、焼鯖寿司を食べ出した私たち3人。激ウマ! もともと旨いんだろうけど、お茶飲みまくった後には最高に旨かった。この焼鯖寿司、お茶パーティーの物産コーナーで売っていたものです。

採点して順位を決めるまでの間、ビンゴゲーム。参加者全員に賞品が当たります。賞品はすべてお茶に関するもの。大きいつづらが非常に気になって、「やかんちゃう?」とか言い合ったりしてましたが、実際は宇治茶のペットボトル1ケースでした。大きいつづらにしようかと思ったけど、めちゃ重いので小さいつづらにしました。でもこのお茶、全然どこのお店のお茶か包みにも書いていないんだけど・・・。茶香服参加賞は小振りの急須。お茶も急須も買わないようにしてるのに、なぜ増え続けるのだろう。お茶は、飲んでも友人にあげても、減りません。

表彰式では、一般の部・子どもの部・来賓の部でそれぞれ表彰。一般の部では、オール5点を取ったおっちゃんが優勝。20年ぶりにオール5点とったとか。途中「間違えた」とか言ってたそうですが、間違いも運の一つですな。となりのSさんも、「間違えて貼ったー!」と言ってた分が正解だったし。優勝賞品はテレビ! その他の順位の賞品も結構豪華でした。参加費300円やのに。中でも絶妙の賞品が、おたまはんと(多分)卵1ケースのセット。卵も地場産業なのです。センスいいよね~、と盛り上がる3人。


大会がすっかり終わった頃には夜8時過ぎ。私ら3人はチャムリエ号で近くの駅まで送ってもらうことに・・・・、のはずだったけど、チャムリエさん、なぜ高速に入るのですか? 何と大阪まで送ってくれると。おお。ドライブしもって、4人で濃厚なお茶話等で盛り上がりました。ほんまおもしろくて、笑いが絶えない。そうそう、もちやさんの話も出ましたよ。ふふ。

« 宇治田原お茶パーティー その4 妖怪茶会 | トップページ | 妖怪茶会 補足情報 »

コメント

何だか、めっちゃくちゃ、楽しそうな一日だったんですね~!お茶のおかげでずっとハイテンションだったのでしょうか~?
個人的には、ティー太さんと同じく、妖怪茶会がとっても見たかったです・・・。すごく笑えそう♪好きだな~。企画がおもしろい。

茶香服、皆点だなんて、すごいですね!私は最近やったことないから、やってみたいな~。当らないだろうけど・・・。
それにしても、焼き鯖寿しって、美味しいですよね♪私も大好きです。
 ルーラさんにも、よろしくお伝え下さい。

ゆうさん、こんにちは。
めっちゃ楽しい1日でしたよ。こんな楽しい企画、もっと他の人にも味わってほしいです。

普通の押し寿司はあの生臭みがあんまり好きじゃないんですが、焼鯖寿司は臭みが無くて、とてもおいしかったです。間に挟んである生姜が絶妙。

スタッフでご参加なさっていらしたのですね。お疲れ様でした。
残念ながら都合が付かず参加できませんでした。こちらで詳しく拝見させていただきました。ありがとうございました。
わあ、茶香服は自信ないですわ。でもマニアックで面白そうですね。

>もちやさんの話も出ましたよ。ふふ。

あ、だからこの日熱っぽくて悪寒がしていたのね。(実話)まーた、ちゃむりえさんが、いらぬ予備知識をいれていたんちゃいますか?(爆)

もちやさん、噂されると悪寒がするんや。へー。桃山御陵の茶畑に行ったとかいう話などを聞いたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78962/3911355

この記事へのトラックバック一覧です: 宇治田原お茶パーティー その5 茶香服大会:

« 宇治田原お茶パーティー その4 妖怪茶会 | トップページ | 妖怪茶会 補足情報 »

ティー太のサイト

無料ブログはココログ