最近のトラックバック

« 相国寺に若冲集合 | トップページ | やっぱり空飛ぶパンダ! »

2007年5月11日 (金)

あぐらでお抹茶

裏千家があぐらでお点前をする「座礼棚」(ざれいだな)を考案しました。最近の住宅は、畳のない部屋多いもんね。うちは、畳率高いけど。洋間にはゴザと掘りゴタツがあるし。

そもそも正座って、畳が普及するより前は無かったんじゃないかなあ。室町時代に室一面に敷き詰めるのが普及し始めて、民家では明治以後だそうです。それ以前は、板の間か土間だったので、そんなところで正座は辛いよね。

茶道をするには正座が必須なので、足や膝が弱い人はできないことになります。しかし、お茶の楽しみって、そういうもの? 儀式的にするものは別として、普段は自由に楽しんだらいいんじゃないかなあ、と思います。一人なら、片手でぐびっと飲んで、ぷはーって言ってもええねん。

« 相国寺に若冲集合 | トップページ | やっぱり空飛ぶパンダ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78962/6375030

この記事へのトラックバック一覧です: あぐらでお抹茶:

« 相国寺に若冲集合 | トップページ | やっぱり空飛ぶパンダ! »

ティー太のサイト

無料ブログはココログ