最近のトラックバック

« 京ぷら その3 | トップページ | 堺茶巡り その1 南宗寺 »

2007年9月28日 (金)

”しくみ”で解く茶室

明日は堺の茶室を見に行くというのに、さっぱり予習をしていないので、慌てて本屋に駆け込んで買いました。

“しくみ”で解く茶室 (チルチンびと建築叢書) “しくみ”で解く茶室 (チルチンびと建築叢書)

著者:竹内 亨
販売元:風土社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これもまた帯が無いとさっぱりしすぎる装丁やなあ。建築の専門家で、茶道歴14年の人が書いています。建築の視点から見た茶室です。茶道関係の茶室の本は、茶室は色々紹介してあるけど、あまり系統立った解説が無いのよねえ。

この本では、空間・形態・平面・機能・景色それぞれの”しくみ”から解説しています。茶室を構成するパーツから、座り方から、動線など。先ず茶室ありき、ではなく、どのようにもてなしをするかで茶室の形が決まってくるのです。これを読むと、何となく見ていた茶室の見方が変わってくると思います。

« 京ぷら その3 | トップページ | 堺茶巡り その1 南宗寺 »

コメント

最近、『空間』 ネタが多いような・・・

いいですねぇ~♪ (^-^)

空間好きなんで。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78962/8214953

この記事へのトラックバック一覧です: ”しくみ”で解く茶室:

« 京ぷら その3 | トップページ | 堺茶巡り その1 南宗寺 »

ティー太のサイト

無料ブログはココログ