最近のトラックバック

« 大阪雪日 | トップページ | 平瀬家と武者小路千家の茶の湯 »

2008年2月 9日 (土)

露香好みの菓子でお茶

大阪歴史博物館にて開催中の特別展「なにわ人物誌 平瀬露香」に関連したイベントとして、露香好みのお菓子をいただける呈茶席がありました。鶴屋八幡に伝わる21種のうち5種のお菓子で、当時高価だった卵をふんだんにつかったお菓子が多いそうです。午前、午後それぞれに開催でしたが、午前の回が始まってすぐぐらいに午前のお茶券売り切れ。お菓子の数が150個なので、すぐ満席になるよねー。

01_2
博物館の1階ロビーで行われました。1席20名。

02_2
お菓子は5種類のうちのいずれかが配られました。私のは「春の野」

03_2
卵をたっぷり使った餡でおいしゅうございました。

04_2
お点前は武者小路千家です。

裏千家とどこがちがうのだろう、とじっくり拝見。茶筅でお茶碗のお湯をしゃかしゃかするときは、左手でお椀の片側を少し持ち上げてしていました。お抹茶は、上林三入の「露の白」

05
はじめロールスクリーンは下りていましたが、珍しく雪が降っているので、雪景色を借景に。


今日のお菓子とお道具です。
06

07

« 大阪雪日 | トップページ | 平瀬家と武者小路千家の茶の湯 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78962/10391041

この記事へのトラックバック一覧です: 露香好みの菓子でお茶:

« 大阪雪日 | トップページ | 平瀬家と武者小路千家の茶の湯 »

ティー太のサイト

無料ブログはココログ