最近のトラックバック

« 滋賀でお茶研修 その3 | トップページ | 八十八夜は新芽欲しいよぉ »

2008年4月28日 (月)

滋賀でお茶研修 その4

工場見学が終わって解散でしたが、研修の途中でトイレ休憩をした道の駅がどうしても気になったので、ジャイ子さんやIさんと結託して、連れていってもらいました。

05
道の駅 あいの土山

入り口には、お約束の茶娘変身看板もあります! ちびっこ男子が撮ってもらっている光景も見かけました。

06

07

中には無料で飲める土山茶の給茶機があります。あんまり期待していなかったのですが、給茶機のお茶にしては香りが良く、おいしかったです。

給茶機のお茶はお茶屋さんが順に当番で担当しています。ちょうどこの時のお茶屋の社長さんが研修に参加していて、給茶機でもこだわった粉茶を入れている話を聞きました。粉茶といえば、製茶の段階で基準になる仕上がりのお茶の大きさからはずれたものです。しかし、ここのお茶屋さんは、それだけではなく、煎茶を切断して混ぜているとのこと。それで香りがええんかな~? 割高になっちゃった、と、ぼやきも入っていましたが、いやいや、そのこだわりは飲んだ人々に伝わると思いますよ。

ここだけ販売商品もあり。

Photo_3
お茶ういろう・お茶饅頭
ういろうは地元の人にも評判の品だそうです。お茶の香りが高くておいしかった。饅頭の方は、皮が薄くて、ほとんど餡でした。焼き印の柄、始めはさっぱりわかりませんでしたが、これはもしや、道の駅あいの土山のキャラクターでは?


Photo_4
やぶきた餅
お茶の品種・やぶきたが練り込んであり、抹茶をかけて食べます。

« 滋賀でお茶研修 その3 | トップページ | 八十八夜は新芽欲しいよぉ »

コメント

こんにちは。茶マニアにとっては大イベントの季節ですねこの記事、参考になります。
ところで、剪枝と整枝はどう違うのでしょうか区別が具体的に定義されてるのでしょうか教えて下さい。

茶摘みの時に現場の人に聞いてみたらいかがですか?

なるほど、それが一番手っ取り早いですねflair来週聞いてみますsign01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78962/20678367

この記事へのトラックバック一覧です: 滋賀でお茶研修 その4:

« 滋賀でお茶研修 その3 | トップページ | 八十八夜は新芽欲しいよぉ »

ティー太のサイト

無料ブログはココログ