最近のトラックバック

« 映画「闘茶」の感想 | トップページ | お茶のソムリエの日本茶教室 »

2008年8月27日 (水)

東京の日本茶カフェ

当ブログでもおなじみのゆうさんの本が出ました!

東京の日本茶カフェ 東京の日本茶カフェ

著者:かなざわ ゆう
販売元:東京地図出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

東京地図出版だし、大阪の本屋には並ばないよ~
と、ゆうさんは言っていましたが、

大阪・梅田の紀伊國屋書店で発見。グルメムック本のコーナーに、平積みです! すばらすぃ~。本の検索で、著書名「ニホンチャ」で検索したら、一覧のトップにもでますぞ。他店でも試してみよう♪

写真が豊富で、店の雰囲気がつかみやすい。品揃えがもうちょっとたくさん書いてあると、比較しやすくてええねんけど。お茶主眼なので、スイーツお目当ての人には向かないかな。


ある期待を持ちながら、ぱらぱらっと見てみましたが、今回もやっぱりこんなもんか、と思いました。今まで日本茶カフェと呼ばれる店にいろいろ行ってみましたが、茶器が気に入らんのよね。器好きとしては、おもてなしにこの器はどうよ?と思うのです。茶器全体の組み合わせもバラバラだし。客人には、亭主のこだわりのええ器、使うでしょう? 茶会とか、美術館の工芸品の展示とか色々見て学んでほしいです。一番手っ取り早いのは、佐賀・有田の陶器市かな。ええ器が手頃な値段で流通していない現状も良くないけど。

日本茶カフェは盛り上がってきていますが、実際はスイーツ目当てが多くて、お茶だけでは、まだまだという感じがします。紅茶や中国茶は、お茶だけでも人気を集めているけど、器の効果もあるんじゃないかなあ。

« 映画「闘茶」の感想 | トップページ | お茶のソムリエの日本茶教室 »

コメント

こんにちは!本をご紹介下さって、ありがとうございます♪平積み、うれしいですね~。くふふ ^m^)

うふふ、ティー太さん厳しいですね。^^ でも実際にお話伺っていくと、皆さんそれぞれ器についてもお考えがあるようですよ。それなら、その亭主の趣向を楽しめばいいじゃないですか♪
お茶を頂く方も、スィーツ目当てでもOK!と店主に言われる方が、お店に行きやすいですしね♪どちらにせよ、お茶が頂けるのは喜ばしいことだと思います~♪

いつも楽しく拝見しています。

~~~紅茶や中国茶は、お茶だけでも人気を集めているけど、器の効果もあるんじゃないかなあ~~~

に同感です。何でしょうね、同じお茶なのに器で随分違います。「同じお茶」にならないのかもしれません。口当たりやカップの形状で、味の感じ方が変わるのも確かです。

一般的な話として、気軽にと敷居をさげる方向も時には必要ですが、本当の楽しみ方を提案するということと両立していかなければと思います。勉強になりました。

うちで使っているものよりも、デザインがしょぼくて、絵柄も無いような湯呑みがカフェで出されると、がっかりするのよね。
煎茶に厚ぼったい陶器を使うのも、んー?と思う。

一番残念なのは、急須と湯呑みの容量が一致していないこと。急須の方が大きい。
慣れていない人だと、二煎目の湯呑みに入りきらないお湯が急須に残って、お茶の葉に浸りっぱなしになる。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78962/23297323

この記事へのトラックバック一覧です: 東京の日本茶カフェ:

« 映画「闘茶」の感想 | トップページ | お茶のソムリエの日本茶教室 »

ティー太のサイト

無料ブログはココログ