最近のトラックバック

« キノコの行方 | トップページ | 急に冷えると »

2008年9月28日 (日)

京都・四条三条あたりの和カフェ巡り

昨日オープンしたばかりの福寿園京都本店のビルへ。四条通のジュンク堂向かいあたりです。関係者から、たっぷりグチを聞いていたので、結果がどうなったのかかなり興味津々。

5階から順に下りていきましたが、思っていたより店内が狭かった。各階に小さいお庭があるのですが、それよりもうちょっと店内を広く取ってほしいなあ。スタッフと客が近くなるので、落ち着きません。あんまり長居できないようにしてるんだろうか。

お茶と親しめるようなつくりと聞いていたけど、全般にお値段高いめ。4階は本格的なお茶を楽しめる、とありますが、お値段も本格的です・・・。2階の茶寮は京都なお値段でした。1階で販売しているお茶の葉はパッケージが新しくデザインされていますが、無機的で、特色の違いがわかりません。お店全般、黒を基調とした配色です。

地下1階はオリジナルブレンドを楽しめるところ。行ってみるとインストラクターの面々がいらっしゃいました。「ごゆっくり~」と言われましたが、地下で窓も無い黒ずくめの内装で、狭くてスタッフも多い空間。スタッフも黒い着物。気分が悪くなってすぐ出ました。黒ずくめって好きじゃないんです。部屋にしても、服にしても。確かに本格的に茶審査をするには黒い内装で、決まった光源の元にするのが正しいでしょうが、果たしてそこまで消費者が求めているのかどうか。


続いて、伊右衛門サロンへ。烏丸三条西入ルです。千總ビルの1階を使っています。

外から見たのと、入り口近くの物販コーナーを覗いたぐらいですが、店内はゆったり広い印象で、木目の見えるテーブル、ゆったりとしたソファ、カウンター席もあり、自分のくつろぎたい程度に合わせて場所を選べるような感じです。

メニューはモーニングもある食事、カフェ、スイーツと幅広くあります。お値段もそれほど高い部類ではないです。カウンターカフェなら、手頃なところです。物販ではお茶の葉と、茶器少々と、お茶と日本文化に関する書籍あり。

人気があるようで、入り口で順番待ちの受付をしていました。若い人ばかりでなく、熟年カップルやぷらっと来たおっちゃんもいて、幅広かった。


この2店を見比べて、同じ福寿園のお茶からスタートしているのに、企業が違うとこれほど発想が違うもんなんだなあ、と思いました。伊右衛門サロンは、実にデザインを知り尽くしている感じです。消費者の求めている物をかなり分析していると思います。福寿園ビルは、関係者のグチからも想像していましたが、やはりお茶屋さん主体でできあがったもの、という印象ですね。


さて、伊右衛門サロンに入らなかったのは、久しぶりに、さらだ茶そばを食べたかったから。和カフェ・ちゃらんに寄りました。店長さんに「ほんま久しぶりですねー」と言われるぐらい、ご無沙汰でした。ここのさらだ茶そばがお気に入りで、お茶もスイーツも頼まず、こればかり食しております。いつも総菜・ミニデザート付きのAセットで、ゆずこしょうドレッシングで頂きます。茶そばじゃ、少ないやろーと思いそうですが、そばも上にのっているシャキシャキの水菜と大根、にんじんも結構盛りだくさんです。食いしん坊の私でも満腹になります。

近頃、定食屋や和食の店で麦茶が出てくることが多くて、麦茶がダメな私にはつらいところです。しかしここでは、食後に香りも味も濃いほうじ茶が出てきて、ええ感じです。ごちそうさまでした~。

ディナーメニューも充実してきて気になるなあ。友達連れてまた来ようっと。

帰りは、いつもの栗を購入。新京極近くの林万昌堂です。

Photo_3
ぶらさげると、気分は居酒屋帰りのおとうちゃん♪

« キノコの行方 | トップページ | 急に冷えると »

コメント

へええ~!!!
行きたいところ、解説してくれました~。ありがとうです。なるほど、福寿園さんところ、そんな感じなのですね。^^
そしてサラダ茶そばは、前回食べ損なったやつですね。私も行かねば~。笑

私は土曜日にノムラテーラー行くついでに行ってきました。
各階はほぼ素通りでしたので「長居しにくい」ってのはそうかも。
5階の茶器売り場にいてたおっちゃんは気さくで楽しかったですよ

こんにちは。
食欲が増す色ってありますね。とあるデパートの食品売り場、改装されたら黒っぽくなって、照明も「シック」といえば(死後?)シックですが、何だか美味しそうなものがあるように見えなくて、残念でした。
恐らく流行があるのでしょうね。

茶器売り場は人が多くて、おっちゃんも接待中でした。高いもんばっかりで、がっつり敷居を上げている気がします。

嗜好品とはいえ、お茶の葉も食品の一つ。やはり包装に選ぶ色合いも大事になってくると思います。包装も黒メインでモノトーン、黒い和服の店員、黒い内装となると、アレを連想してしまいます。

福寿園の京都本店、やっぱり関係者からもグチでてるんですね。 納得です。

イエモンカフェが良かったので、先日期待していきましたが、ひどいお薄が出てきて、ビックリでした。

お茶売ってるのに、あれではどうかと思いました。

グチもあれば気合いを入れているところもあるようです。

気になるところは、その場で積極的に言った方がいいですよ。

以前某お茶屋さんで、同じ値段の3種の煎茶が特に説明書きも無く並んでいたので、違いを聞いてみました。
しばらくして覗いてみると、丁寧な説明書きが加えられていました。
お客様の声は、やはり重要なのです。

私も、同感です。やっぱり、客として感じた事をフィードバックしなくては、いろんなことが改善されないと思います。

もちろん先日は、その場で言って作り直していただきました。が、基本的にお抹茶の香りがとんでいて、ダメでした。

福寿園さんのHPからご注進もいたしましたが、1週間たっても、何のレスポンスもありません┐(´-`)┌

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78962/24103981

この記事へのトラックバック一覧です: 京都・四条三条あたりの和カフェ巡り:

» 煎茶『才谷』 [才谷君のなんじゃそら!]
 先週の土曜日、四条の福寿園本店がリニューアルオープンしました[:拍手:][:祝:]  んで、一番乗りしてやろうと開店20分前から店の前で待ってました。想像から、きっとたくさんのメディアが取材に来てて、お客さんも並んで待ってるだろうなと覚悟して行ったのですが[:ムニョムニョ:]、店の前にはスーツや制服を着た人ばかりで、カメラも無ければ客らしき人影も見当たりません[:汗:]しかも、オープン前の式典の最中に通行人が真ん中横切っていくし・・・[:唖然:]ま、四条の歩道を遮断しようってのが無茶なん... [続きを読む]

« キノコの行方 | トップページ | 急に冷えると »

ティー太のサイト

無料ブログはココログ