最近のトラックバック

« 東京の日本茶カフェ | トップページ | 神田茶ツアー更新 9/6 »

2008年9月 1日 (月)

お茶のソムリエの日本茶教室

ゆうさんの本が出版された日に、本の検索で、著書名「ニホンチャ」で検索した結果一覧の2番目に高宇さんの本が出ていました。そういえばまだ読んでなかったなー、と購入。高宇さん、売り上げに協力してますよ!なんかくれへんかな~。

お茶のソムリエの日本茶教室 (ちくま文庫 た 57-1) お茶のソムリエの日本茶教室 (ちくま文庫 た 57-1)

著者:高宇 政光
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

巻末の表記にあるように、高宇さんの既刊本「僕は日本茶のソムリエ」と「お茶は世界をかけめぐる」から抜粋して、日本茶力テストが足してあります。ちょっと日本茶のことを知ってみたいなあ、という人にはちょうどよい入門書でしょう。既刊の2冊は、かなりマニアックなので、初心者が読んでもさっぱりわからんと思います。日本茶力テストは、日本茶インストラクターは2問ぐらい間違いまでなら可でしょうか。

お茶屋さんが書いているので、内容も的確です。どうも他の入門書は、孫引き記載のためか、間違った内容も多々あるのですよ。ご注意。

ただ、東よりのお茶中心の煎茶解説なので、関西には向いていないかも。「普通蒸し煎茶」とは関西では言いません。「煎茶」より蒸し時間が長いものを「深蒸し」と言うのであって、基準にわざわざ「普通」を付けるのは蛇足だと思います。かぶせ茶も、それはちょっと・・・と思う説明があるのが残念。

関西のお茶屋の某氏は「コーヒーで”深炒り”って言うたら、上等な感じがするやん。煎茶も”普通”と”深蒸し”じゃあ、イメージ的に”深蒸し”の方が良くて、”普通蒸し”が、何や普通か、と思われて、どうもねえ・・・」と苦情を述べていらっしゃいました。

« 東京の日本茶カフェ | トップページ | 神田茶ツアー更新 9/6 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78962/23421883

この記事へのトラックバック一覧です: お茶のソムリエの日本茶教室:

« 東京の日本茶カフェ | トップページ | 神田茶ツアー更新 9/6 »

ティー太のサイト

無料ブログはココログ