最近のトラックバック

« 佐賀が大阪にやってくる! | トップページ | 大人気!有田焼きカレー »

2009年1月17日 (土)

寒茶、乾きました

先週1/10に丹波篠山へ寒茶作りに行ってきました。現地の茶畑でお茶を刈って、蒸して揉みましたが、乾燥は持ち帰って各自ですることに。煎茶の製茶では、乾燥機を使ってすぐに乾燥させますが、番茶である寒茶は、自然乾燥。軒下で日陰干しをします。

しかし日中家におらん身としては、外に放ったらかしておくわけにもいかず、部屋で箱に広げて乾かしていました。

もうそろそろ、ええかな~と思って、お土産用にもらっていた概ね完成品の寒茶と乾き具合を比べてみました。もらった方は、指でパリッと葉を折れるのですが、私達が摘んだ方は、何だか弾力があって、乾き足りないような・・・。

というわけで、外で3時間ほど乾かしてみました。バッチリ乾きましたよ、洗濯物と共に。乾燥注意報が出ていたもんね。

01
捨てようと思って放ったらかしにしていた空き箱が役に立ちました。
適度にサボることも必要やね。

02
大きな枝や違う葉っぱは取り除いてから外に出しました。

04
こちらはもらった先摘みの方。こっちの方が茶色いんよね。

要らん臭いや湿気が付かないうちに袋詰めしようと、枝を取り除き始めたら・・・

これが結構ハマる。

あやうく晩飯食うのを忘れそうになった。最近家ではガッツリ眠いんだけど、めっさ目が覚めました。


03
左が大枝、右下がちまちま取り除いた小枝。
右上が完成品。

しかし、この大枝。刈るときにかなり大雑把やってんなあ。

« 佐賀が大阪にやってくる! | トップページ | 大人気!有田焼きカレー »

コメント

お茶好きさんって我がでお茶ッ葉まで作るんやね!ちなみに私はそこまでマメではありません。悪しからず…

こんにちは。久し振りに訪問させていただきました。寒茶!記事を読ませていただきながら、寒茶のあの独特の香りを思い出しました。あああ、美味しそう。今手元にはどうしても寒茶はないので(※欧州なので)、普通の番茶を飲みたいと思います。でもやはり違いますね。

普段はうちでお茶は作りません。お茶の生葉が手に入る環境でもないとねえ。
今回は研修の延長で、現地で刈って蒸して揉んだ物を持ち帰って、家で自然乾燥させているだけです。

同じお茶の葉でも加工方法を変えるだけで、味も香りも全然違う物ができてしまう。
番茶の世界を覗いていると、特にそう思います。
欧州だと茶産地から遠いですねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78962/27233060

この記事へのトラックバック一覧です: 寒茶、乾きました:

« 佐賀が大阪にやってくる! | トップページ | 大人気!有田焼きカレー »

ティー太のサイト

無料ブログはココログ