最近のトラックバック

« だれてます | トップページ | ラジオが学校にやってくる! »

2009年1月14日 (水)

背振山茶談議・韓国の緑茶について

こちらにはお知らせしていませんでしたが、毎月背振山茶談義は開催中です。今月は韓国の緑茶。今頃、背振山は、さぶいやろなあ~。

第10回 背振山茶談議
日時   平成20年1月24日(土) 午後2時~
場所   修学院  佐賀県神埼郡吉野ヶ里町坂本 (旧 東脊振村坂本)
テーマ  安田みどり 「韓国(宝城)の緑茶について」
参加費  諸経費として300円 勿論、「ただも良し、・・」 

テーマの概要
今回は、西九州大学の安田先生によるお話しです。
主な内容は、
   1.韓国(宝城)の茶生産の現状
   2.韓国茶の種類
   3.韓国茶と日本茶の成分の違い
   4.韓国茶を味わおう
です。
最後の「韓国茶を味わおう」では、安田先生が韓国で入手された緑茶、紅茶を、佐賀の釜炒り茶(栄西茶、嬉野茶)と比較試飲します。また、昨年韓国でのシンポジュウムに参加された時の話や、ご専門の茶の機能性成分分析に基づくお話しもあります。

« だれてます | トップページ | ラジオが学校にやってくる! »

コメント

どこでやる?

茶マニアなら、背振山と聞けばすぐ場所がわかるんだけど、一般的にはピンとこないかも。

佐賀県神埼郡吉野ヶ里町坂本です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78962/27114715

この記事へのトラックバック一覧です: 背振山茶談議・韓国の緑茶について:

« だれてます | トップページ | ラジオが学校にやってくる! »

ティー太のサイト

無料ブログはココログ