最近のトラックバック

« 残り梅 | トップページ | おみやさんで京番茶 »

2009年3月18日 (水)

双雲さんの「希望」

本日から1週間開催です!
第二回武田双雲展-希望-、阪急うめだ本店の7階イベントホール「ミューズ」へゴー。入場無料です。太っ腹ですなー。

入ってすぐ辺りは、双雲さんのいろんなメッセージがちりばめられています。なるほどー、と思うものがいっぱい。ふふーん、と眺めていたら、ご本人様登場です。入ってすぐ、やっほー♪って感じでお出迎えですわ。名刺サイズの携帯待ち受け画面サービスの案内を配っていました。

双雲さんは、好奇心旺盛で気さくな感じがします。とても背の高いアニキですが、全然威圧感もなく、存在だけでまわりを明るくさせてしまう雰囲気を持っています。来場者の人にどんどん話しかけていったり、関係者のスーツな方々が名刺を出してきたときに、先ほどの名刺サイズの案内を出して、久々名刺交換風なこともしていました。素敵な方です♪ 書は人なりやねえ。素敵な書を書く人は、その人も素敵。

他には、番組タイトルやポスター、商品名などに使われた書や、NHKのドラマ「天地人」の番組内に登場する書が展示してあります。「ぱんだ」と書いてあるお皿、めっちゃ欲しいわ~。そうやん、お皿に書があってもええよね。

もちろん、作品販売もありました。当人さんも「一番安くても20万からだしねー」と言っていましたが、時の人ですからねえ。これからもっと値が上がるでしょう。

書道展と聞くと、めっさ敷居の高いもんを感じるかもしれませんが、双雲さんの書なら、今まで書道展なんて見たこと無い!という初心者でも、かなり入りやすいです。読める字体がほとんどなので、文字の字体のおもしろさとメッセージ性を同時に楽しめる感じかな。説明してもさっぱり伝わらないので、ぜひ原書を見て、感じてください。何せ入場無料ですから。一週間しかありませんし、仕事帰りに毎日ぷらっと通おうかなあ。

会場の真ん中辺りに、この作品展のタイトルでもある「希望」の言葉から、あなたが思うものを書いてください、というコーナーがあります。俳句会で登場しそうな細長ーい和紙と、筆・墨一式が置いてあります。そこで書いた紙を、お誕生日会の飾り輪の様に、既に作っている輪につなげていきます。こういうのって、みんな遠巻きに眺めて、する人あんまりいないかなあ、と思っていましたが、さすが関西。ぷらーっと寄ってきて、さくっと書いてつなげてましたねえ。ちびっこが「ありがとう」と書いてたのん、可愛かったわ~。

もちろん私も書いてきましたよ。
「すなおに自分を愛する」

自分の子どもなら、いじめないのに、自分はいじめるの?
このごろ自分をいじめている人、多いんちゃうかなと思うんです。「どうせオレなんか」と内へ内へ入り込んでいたり、周りと比較して落ち込んだり、自分とは釣り合わないと勝手に思いこんで躊躇していたり。競争社会の感覚をずーっと持ち続けているせいなんでしょうか。テレビや新聞に登場するようながっつり成功する人なんて、ごくわずかなんです。日本国内で言えば、1億数千万分のちょっとです。そんなとこ目指しても、全員なれませんよ。

それよりも、日々をもっと楽しんだらいいんじゃないかな。自分であかんなあ、と思うところはちょっとずつ、自分のペースで良くしていったらいいんやし。あんまり意識してないけど、自分を否定していると、他人も否定しがちなのね。脳科学者の茂木健一郎さんの「他人をカガミにして自分を発見する」という言葉、いま思い出したわ。

« 残り梅 | トップページ | おみやさんで京番茶 »

コメント

せや!人生はエンジョイ☆

でも、なかなか上手くいかんよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78962/28685191

この記事へのトラックバック一覧です: 双雲さんの「希望」:

« 残り梅 | トップページ | おみやさんで京番茶 »

ティー太のサイト

無料ブログはココログ