最近のトラックバック

« 春夏混在 | トップページ | 4月の万博公園 »

2009年4月18日 (土)

世界のお茶・マテ茶

みんぱくゼミナールに参加した後、みんぱくレストランに寄りました。世界のお茶、まだあるかな~。

01
あ、アルゼンチンに変わってる・・・。

モンゴルの乳茶は早々に終わって、3/30~ローズティが登場でしたが、それも早くに終わったのね。

マテ茶か・・・。家にまだまだ残っているし、わざわざ飲むほどでも・・・、と思ったけど、やはり飲んでおきました。写真の紹介にある、壷とストロー(ボンビーリャ)形式の飲み方ではなく、

02
普通にお湯だしなのが、ちょっと残念でしたが。

うちのほど苦くなく、ちょっと焦げっぽい玄米茶のような風味で飲みやすかったな。

マテ茶は、お茶の木の葉っぱではなく、マテの木の葉っぱです。南米辺りの現地では、よく飲まれている飲み物です。

ちなみに、壷とストロー(ボンビーリャ)形式の飲み方とは、
壷にびっちりマテ茶の葉を詰めて、
ちょっと傾けてびっちりの底の方に、ちょろっと水かお湯を注ぎ、
そこへボンビーリャを挿して、ちゅーっと吸って飲みます。
水で入れると、けっこうさわやかな味わいです。

ボンビーリャは、先が塞がっていて小さい穴がいくつか空いているストローです。
じょうろの先みたいな感じです。

某FM局のDJ・Kさんに簡易セットを送ったら、番組で紹介して実際に飲んでくれましたが、きっと水を注いでから時間が経って、水がすっかり葉っぱに吸収されていたんでしょうね。がんばって吸い上げてましたが、「草吸ってる見たい!」とのコメントを述べていました。
むせさせて、ごめんちゃい♪

« 春夏混在 | トップページ | 4月の万博公園 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78962/29306120

この記事へのトラックバック一覧です: 世界のお茶・マテ茶:

« 春夏混在 | トップページ | 4月の万博公園 »

ティー太のサイト

無料ブログはココログ