最近のトラックバック

« 棚からぼた餅 | トップページ | 棚からぼた餅 2回目 »

2009年5月 2日 (土)

八十八夜はお茶まみれ

今日は京都の眼鏡屋さんに行って、レンズを注文して、へうげもの展でちらっと茶ーしばいて、夕方には茶そば食って帰る予定だったのに、家に着いたら、とっぷり日が暮れて遅ーい時間帯。なぜ?

おやつ時に、たち吉京都本店で開催中の「へうげもの展」を見に行きました。

01
いつものたち吉には無い雰囲気が漂ってますな

カフェでは椿堂の龍夆さんがお茶をいれてくれます。挨拶をしたら、早速新茶をいれてくれました。おおきに~。

02
きものは特注だそうです

続いて、お抹茶を点ててくれました。

03_2
水指には氷が入っていて、そこから水をくむ道具は、瓢箪!
煎茶道に登場する瓢杓(ひょうしゃく)です。

04
抹茶の茶碗は、作家さんの作品から選べます。

白い磁器を選んでみましたが、抹茶を点てるときに付くお茶の跡が白磁にはあんまり合わない気がする。こういう自然な模様は、陶器の方が合うなあ。

冷水でも結構お抹茶は泡立つもんなんですね。抹茶の粉がかなりダマになるかと思いきや、それほどでも。お隣の干菓子には、「へうげもの」の登場人物の顔が浮き彫りになっています。それを置いているお皿も、結構なお値段の物でした。(裏に値札が付いていた)

当然ながら、グルニエドールさんのケーキ、オペラもいただきました。しっかりチョコレートの板がのっていて、味も濃厚。洋酒が使われているので、お酒に弱い人はご注意を。ケーキの味はすばらしいのですが、お抹茶と一緒には合わないかなあ~。

ケーキを食べ出した頃に、龍夆さんがさっと和紅茶をいれてくれました。

07
和紅茶にぴったりのデザインのカップ&ソーサーです。

サイズはデミカップぐらいで、染め付けが素敵~。でも、たち吉のんではないのよね。龍夆さん持参品です。和紅茶の方が、このケーキには合うね。この和紅茶、たち吉と椿堂のコラボ商品です。

お茶の後は、作品鑑賞。作家さんの集まり・へうげ十作の作品が並んでいます。全体を見てみて、美術作品としてはおもしろいけど、お茶道具として惹かれるものがあまり無かった。「使うデザイン」とも違う気がするねえ。いろんな茶道具を見て、実際お点前も習ってみて、作って欲しいなあ。「なり」(姿、形)「ころ」(大きさ)さえ良ければ数寄の道具、っていわれているところが、作品にも出てくると思う。

さて、近所の某茶葉店へ行き、きっとお客が多くて混んでいる地下をちらっと覗いて、早めの夕食にちゃらんの茶そばを、と思っていたのですが・・・。

意外と空いていて、お茶知り合いのスタッフさんたちと歓談。何やら18時から常連さんのための秘密茶会がここで催されるそうで、良かったら参加しませんか~?と誘われました。

そうこうしているうちに、もちやさん才谷君が店にやってきて、もう動けない状態に。
ぷらっと立ち寄っただけなのに、無意識に茶会を嗅ぎつけている自分がコワい。

05
こんな感じで

06
こんな物に囲まれながら、ナニしたわけで。

岡山や埼玉からやって来た人も居て、お茶の引きつけパワーは本当にすごいと思います。思わぬ出費でしたが、これもご縁かと。

お土産にお茶の苗木をもらいましたが、茶の栽培なんてさっぱり知らない方々は、一体どう育てるの?と困っていたようなので、

チャの絵本  /ふちのうえひろこ/へん いいのかずよし/え [本] チャの絵本  /ふちのうえひろこ/へん いいのかずよし/え [本]
販売元:セブンアンドワイ ヤフー店
セブンアンドワイ ヤフー店で詳細を確認する

「チャの絵本」を紹介しておきました。お店にも置いてあったので。絵本、というわりには、かなり詳しく紹介してるんですよ、この本。とても子ども向きとは思えない。

19時半終了の秘密茶会の後は才谷君を誘って、腹を満たしに和カフェ・ちゃらんへ。まだ開いてるかな~と心配しながら行きましたが、余裕で開いてました。平日は22時まで、日祝は20時まで開いています。夜にちょっとお茶したいときには重宝しますね。いつものさらだ茶そばを頂きました。お気にです。才谷君とは、ちらっと会うけど、あんまりしゃべったことがなかったな。がっつりお茶話で盛り上がりました。

やっぱり八十八夜なんだな、今日は。
ここまでお茶どっぷりになるとは。

« 棚からぼた餅 | トップページ | 棚からぼた餅 2回目 »

コメント

ティー太さん、いろいろとお忙しい中でのご来場ありがとうございました。思えば久しく逢ってなかったな~と茶友との再会を感じつつお茶を淹れておりました。いろいろと情報を載せていただき感謝です!

昨日はありがとうございました。こんな日にたまたま来るなんて、さすがティー太さんやと思いましたよ(笑)
私もこんなお茶漬け八十八夜は初めてかもです(笑)ちゃらんの店長さんともお知り合いになれて嬉しいです(≧∇≦)

先日は、お目もじかないまして、うれしゅうございました。
前々から、ブログで拝しておりましたので、はじめてと思いませんでした。失礼いたしました。
当日は、いろいろと回られていらした御様子。
まさに「お茶づけ」。
佳き八十八夜の日をお過ごしでしたのね。
これからもよろしくお願い申し上げます。

八十八夜はお茶だけでなく、人も集めてしまう日なんだなー、と思いました。
出会った皆さま、ありがとう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78962/29406416

この記事へのトラックバック一覧です: 八十八夜はお茶まみれ:

» 新茶! [才谷君のなんじゃそら!]
 今年はずいぶん遅い新茶ネタ[:植物:]すいません、完全に出遅れました[:しょんぼり:]インストラクターがこれではあきませんね[:ショック:]  5/2(土)は八十八夜[:月:]今年も新茶の季節がやってまいりました[:祝:]この日は各地で茶摘などの新茶に関するイベントが行われていましたが、あいにく私は仕事[:困惑:]日中の行事には参加できませんでした。  それでも、夕方に福寿園京都本店の地下1F『京の茶蔵』で行われた、ブレンドリピーターを招待しての新茶試飲会に行ってきました[:楽しい... [続きを読む]

« 棚からぼた餅 | トップページ | 棚からぼた餅 2回目 »

ティー太のサイト

無料ブログはココログ