最近のトラックバック

« 大阪の味 つづき | トップページ | 真打登場 »

2009年7月12日 (日)

第16回 脊振山茶談議のお知らせ

第16回 「脊振山 茶談議」

日時   平成21年7月25日(土) 
場所   修学院  佐賀県神埼郡吉野ヶ里町坂本 (旧 東脊振村坂本)
テーマ  井上英幸 背振山地の植物
参加費  諸経費として300円 勿論、「ただも良し、・・」 

毎月の「背振山茶談議」も、今回で16回目となり、地域の茶の間として定着してきました。先月は、霊仙寺乙護法堂前の茶葉での製茶と石上坊跡地の見学でしたが、 今回は霊仙寺を含む背振山一帯の植物について、井上英幸さんのお話しです。

当日の概要は次のとおりです。

1.脊振山地の春から秋までの比較的目につく植物や重要な植物を中心に、県内の美しい植物の紹介。

2.取り上げる主な植物は、
ニリンソウ、バイケイソウ、ラショウモンカズラ、ツクシヤブウツギ、シライトソウ、フタリシズカ、ナツツバキ、ベニドウダン、ミツバアケビ、コバノミツバツツジ、マンサク、ウツボグサ、エヒメアヤメ、リンドウ、キキョウ、シシウド、サギソウ、ノハナショウブ、キブシ、ジャケツイバラ、 ヤマフジ
など約60種です。

前回の霊仙寺界隈で目にした植物も紹介されます。また、これからの霊仙寺界隈の散策にも役立つことと思います。まだ、梅雨の空模様が続いていますが、当日頃には修学院のサルスベリなどの夏の花で出迎えてくれることでしょう。茶を手に、背振山の植物のお話しで、ひとときのくつろぎに、お越しください。 

« 大阪の味 つづき | トップページ | 真打登場 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78962/30512950

この記事へのトラックバック一覧です: 第16回 脊振山茶談議のお知らせ:

« 大阪の味 つづき | トップページ | 真打登場 »

ティー太のサイト

無料ブログはココログ