最近のトラックバック

« 最後の一筆 | トップページ | お抹茶碗12ヶ月 »

2009年7月28日 (火)

お茶屋のフックは?

マクドナルドが7月24日から1週間、プレミアムローストコーヒーのSサイズを朝の8時から9時の間、1人1杯限定で無料で提供するそうな。(関東地域のみ)

「マックの朝コーヒーがなんと0円! 無料で配るその真意とは?」(Business Media 誠 7月22日)

いくらすばらしい商品を揃えていてもお客様が店に来てもらわないことには、売り上げが上がらない。無料コーヒーが客を引き寄せる「フック」となる、といった記事。

これを読んでみて、お茶屋さんのフックはなんだろう?と考えてみた。特に日本茶。

うーむ・・・。

茶マニアはすい~っと近寄って眺めていられるけど、そうでない人は店内や売り場に近寄りにくかったりするだろうなあ。なんかね、遊びがないんよね。隙が無くて、とっかかりがない。眺めていても、お茶の味や香りのイメージもわかないし。文具屋の伝票コーナーとあんまりかわらないかも。

中国茶や紅茶は、茶器の魅力が結構強いよなあ。日本茶もそういうところが欲しいねえ。白や黒無地の茶器ばかりじゃ、おもしろくない。

前からずっと疑問だったのが、百貨店の地下の売り場で、なぜお茶屋だけ孤立しているのか?ということ。乾物屋扱いの所が多かったりする。お茶屋はお菓子屋やお総菜屋と仲良くなったら良さそうなのに。

大丸心斎橋店の地下売り場は、数年前に改装して和のイメージでまとめた部分を作り、その中にお茶屋とお菓子屋を置いて雰囲気が良くなった。百貨店側から店舗へ商品包装や配置までデザインの要請があったぐらい、気合いが入っていたそうな。

今までの先入観を変えるようなものがフックにいいんだろうね。日本茶の店にこんなものが! たまに妄想してみよう♪

« 最後の一筆 | トップページ | お抹茶碗12ヶ月 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78962/30737616

この記事へのトラックバック一覧です: お茶屋のフックは?:

« 最後の一筆 | トップページ | お抹茶碗12ヶ月 »

ティー太のサイト

無料ブログはココログ