最近のトラックバック

« 桜井さん新作 | トップページ | 佐賀のラッパー »

2009年8月 7日 (金)

今日からお茶をおいしく楽しむ本

石部さんとこのブログで紹介されているのを見て、読んでみました。

日本茶ソムリエ・和多田喜の今日からお茶をおいしく楽しむ本 日本茶ソムリエ・和多田喜の今日からお茶をおいしく楽しむ本

著者:和多田 喜
販売元:二見書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

表参道の茶茶の間の和多田喜さんが、今までのお茶のいれ方に捕らわれずに、お茶の持つおいしさを引き出すいれ方を紹介しています。お茶そのものの紹介や歴史を書いた本は多いけど、お茶のいれ方を中心にしたお茶の本って無かったな。

まず熱湯で煎茶をいれてみるところからスタート。お湯100cc、茶葉1g、待ち時間3分。
上級編では、一煎目水出し、二煎目氷出し、三煎目熱湯だったり。

急須でなくてもお茶はいれられるとか、
急須からお茶を湯呑みに注ぐときにそっと傾けるか?強く振るか?とか、
今までどの本も放ったらかしにしていた部分に注目している点がおもしろい。

この本を見ながら、集まった日本茶インストラクターでさらに実験してみるのもいいかも。

写真が豊富で、いれ方がよりわかりやすいです。そして、きれいな茶園の写真。
ぱらぱらっと見ても楽しめる本です。

« 桜井さん新作 | トップページ | 佐賀のラッパー »

コメント

読みましたー!石部キャメラマン(自称茶園写真家だそうで)からご案内いただいて購入いたしました。和多田式絞り出しは相方が東京で買ってました。…が、彼が入れても同じ味にならず、あの店に通ってしまうのです…。やっぱりあの方はソムリエなだけありますね。でもちゃんと我流も磨きたいと思います。
ちなみに私、日本茶インストラクターに叱られそうな入れ方をしたときに限って、なぜか入れた味の評判がいいのですが、ありですか(笑)

ありです!
それこそ我流のいれ方。
お茶は自分で好きなようにいれたらいいんです。
好みも人それぞれ、いれ方も人それぞれ。
21世紀は個性の時代です♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78962/30871869

この記事へのトラックバック一覧です: 今日からお茶をおいしく楽しむ本:

« 桜井さん新作 | トップページ | 佐賀のラッパー »

ティー太のサイト

無料ブログはココログ