最近のトラックバック

« かわいいお抹茶 | トップページ | 釜炒り茶を抱えて帰阪の博士 »

2009年10月27日 (火)

大阪バーガーとフットサル

大阪産業創造館の情報誌b-platz105号に、大阪バーガー・華丸(はなまる)とFリーグのシュライカー大阪が組んでオリジナルフードを共同開発している記事(PDFリンク)が載っていました。

華丸のお店に行ったのってずいぶん前だったよなあ、と思い出しながら読みました。自分の書いたプチリポートを読み返したら、2004年のこと。まだブログが無くて、掲示板に無理矢理日記のような物を書いている頃でした。

その時のん↓

お好みバーガー

大阪中央区に「華円」というちょっとかわったファーストフードの店があります。お好み焼きをハンバーガーのパンに見たてて、具材を挟んだ食品です。b-platz(無料情報紙)で紹介されているのを見て、おもしろそうやし、そのうちに行こうと思っていましたが、このあいだの「大阪ほんわかテレビ」で、「ちょっと厳しい状況」と、お店の人が言っていたので、今日行ってきました。

周りはほんまに服飾の問屋さんばっかりあるようなところ(堺筋の船場)に、店があります。ハンバーグを挟んだものを注文しました。もうちょっとソースがほしいところです。挟む具にキムチや鮭とチーズとかあったらうまそうやなあ。なかなかおもろい店なので、アメ村あたりにあれば、もっとうけるんじゃないかと思います。

2004年12月21日

ふむ、この時もb-platzで知って行ってたんや。あれからもう5年か。なるほど、新たな企画を入れる頃でもありますな。

Fリーグはフットサルリーグのこと。シュライカー大阪は、認知度を上げ、次のフットサルを担う世代である子どもたちにアピールできることは無いかと思案していたところ。一方、華丸はそれまでに新メニューの開発を手がけていて、中小企業から提案を受けるプロスポーツチームによる「ニーズ解決マッチング・ドラフト」に参加。今では、試合会場で選手が実際にオリジナルの「シュライカー大阪バーガー」を作って販売しています。

価格が300円とお手頃でありながら、具材も工夫があって、選手が作ってくれているんですから、もうファンにはたまらんでしょうねえ。

華丸の他のメニューもお手軽価格。お好み焼きがバーガーになっていて、はじめはちょっと食べにくいかもしれませんが、味わいは大阪ならでは、という感じです。みなさんもぜひ食べてみてください。

« かわいいお抹茶 | トップページ | 釜炒り茶を抱えて帰阪の博士 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78962/31966362

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪バーガーとフットサル:

« かわいいお抹茶 | トップページ | 釜炒り茶を抱えて帰阪の博士 »

ティー太のサイト

無料ブログはココログ