最近のトラックバック

« 阪急の日 | トップページ | 未来の日付 »

2010年3月14日 (日)

3月のお茶イベント

今月連休あたり~下旬のお茶イベントです。

【その1】

「永妻亜矢子写真展」
日時:2010年3月21日(日)~3月28日(日) 11:00-19:00
    (21日は18:00、28日は17:00まで)
場所:古民家ギャラリー「ゆうど」(東京都新宿区下落合3-20-21)
    (目白駅下車徒歩5分)

昨年、名古屋の三越でのお茶イベントで知り合った、日本茶インストラクターの永妻さんが写真展を開催します。写真展の他に、お茶も登場。

2010年5月に創刊するウェブマガジン「分福cha-maga」の創刊プレイベントとして、期間限定日本茶カフェがオープン。創刊号は八女茶特集で、カフェでも八女茶を楽しんでもらうそうです。開催期間は写真展と同じで、カフェ営業時間は11:30-18:30。(ラストオーダーは30分前)

また、ティー・セラピストPeruさんとのコラボ企画もあり。

「日本茶とハーブのオリジナルブレンド」
日時:2010年3月27日(土)・28日(日)
参加費:2500円
煎茶ブレンドの回と和紅茶ブレンドの回があります。要予約です。
詳細はPeruさんのブログ記事をご覧ください。



【その2】

第24回 「脊振山 茶談議」
日時:平成22年3月27日(土) 14時から
場所:修学院 (佐賀県神埼郡吉野ヶ里町坂本)
テーマ:中山淑子 「紅茶と健康」
参加費:諸経費として300円 勿論、「ただも良し、・・」 
 
茶は摘んだ茶葉に熱を加えて加工しますが、緑茶、烏竜茶、紅茶は熱を加えるまでの葉中酵素の作用時間の違いです。世界では茶の約80%が紅茶です。日本でも明治初期以来、輸出茶として紅茶が振興されましたが、所期の成果が得られずに緑茶に戻りました。
国内で消費される紅茶はほとんどが輸入品ですが、最近は国産紅茶(和紅茶)に関心が出てきています。

今回は、これまでにも中国茶の話と試飲、霊仙寺の茶葉で釜炒茶の製法を実演して頂いた北九州市の中山淑子さんによる「紅茶と健康」の話です。試飲では、スリランカ、インド、中国の紅茶の他に、国産の紅茶もあります。今回の話と試飲で、紅茶の魅力が更に深まることと思います。

当日の概要は、次のとおりです。
 1.世界の紅茶 ・・・世界の紅茶史
 2.日本の紅茶百年史 ・・・明治以降の日本での紅茶史
 3.試飲 ・・・スリランカ、インド、中国、嬉野の紅茶など
 4.最近の和紅茶事情 ・・・全国地紅茶サミット、和紅茶伝道師の紹介
 5.お茶と健康  ・・・漢方の観点からみた緑茶・烏龍茶・紅茶などの飲料と体質別相性について

修学院は桜の名所、時間に余裕のある方は早めにお出かけになり、境内の花見などはいかがでしょうか。また、木々の花、新緑なども楽しめることでしょう。

« 阪急の日 | トップページ | 未来の日付 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78962/33760496

この記事へのトラックバック一覧です: 3月のお茶イベント:

« 阪急の日 | トップページ | 未来の日付 »

ティー太のサイト

無料ブログはココログ