最近のトラックバック

« 伊丹→佐賀 プロペラ機で行く | トップページ | 武雄のがばい石像に会いに行く »

2010年7月 9日 (金)

地元ではおなじみのシシリアンライス

佐賀友むうみんさんに「シシリアンライスって、佐賀オリジナルの食べ物なんだねー」と話したら、「え!あんなん、どこにでもあるんちゃうの?」と逆に聞かれてしまった。それぐらい、地元ではごく当たり前の食べ物のようです。

シシリアンライスは、昭和50年頃に佐賀市内の喫茶店で登場。基本形は、ライス+肉+サラダ+マヨネーズ。佐賀牛を使った高級なものもあれば、温泉卵をのせているものなど、店によって違いあり。

佐賀市のご当地グルメ・シシリアンライスのマップを片手に、佐賀駅から一番近い「クレスト」にいってみました。マップがかなり大雑把な指示なので、すぐに見つからなかった。西友の裏側の道を南へ進むと見えてきます。

1007
クレスト メインはイタリア料理です

1008
シシリアンライス・ランチ 690円

焼き肉サラダのっけ盛り丼、という感じの味わいでした。大阪にもありそうなメニューなんだけど、見たこと無いねえ。おいしゅうございました。佐賀に来る度に、一店ずつ制覇していこうかな♪

« 伊丹→佐賀 プロペラ機で行く | トップページ | 武雄のがばい石像に会いに行く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78962/35801763

この記事へのトラックバック一覧です: 地元ではおなじみのシシリアンライス:

« 伊丹→佐賀 プロペラ機で行く | トップページ | 武雄のがばい石像に会いに行く »

ティー太のサイト

無料ブログはココログ