最近のトラックバック

« 歌川国芳展・前期 | トップページ | 萬坊のいかバーガー »

2011年4月29日 (金)

有田の作陶塾

現在発売中の「週刊朝日5/6・13合併号」に、「有田焼400年の伝統と技を5泊6日でマスター!?」という記事が掲載されています。実際は、そんな簡単にマスターできませんけど。4ページにわたって、ルポライターさんが体験取材しています。



有田リノベーション会議が主催の「有田作陶塾」成形コース絵付けコースがあります。開始日と最終日は見学や懇談会なので、実質、4日間のうち、午前中から2時半ぐらいまでが作陶。夕方にかけては見学や窯訪問。ちょっとやってみようかなあ、という人にはそれぐらいの時間配分じゃないと、持たないでしょうねえ。

学生時分に、陶芸を実習でしましたが、土を練るのが一番大変。でも、これがロクにできない状況でろくろを挽いても、全然形になりません。ろくろに入るまでに、手捻りで直径15cm高さ40cmぐらいのものを作りました。細長い棒状のものを作って、輪にして、それを一個ずつ積んではならして、高くする作業を黙々と。真っ直ぐの筒にするのは、意外と難しいのです。この実習で、土を手で動かす感覚をつかみました。適当に押してもだめなんだなあ。

有田作陶塾は、磁器の土でろくろ成形実習。陶器よりも硬く感じるとか。こっちもやってみたいけど、絵付けコースも気になるんだなあ。

記事で読んでみて、これだけ盛りだくさんのカリキュラムだったら、受講料高そうだなあ、と思いましたが、トライアル特別価格で、63,000円。(交通費、宿泊費、食費は含まず) むむ、どうしようかなあ。次回の作陶塾は、6/20~25です。

« 歌川国芳展・前期 | トップページ | 萬坊のいかバーガー »

コメント

有田作陶塾のカナヤマと言います。お取り上げ頂いたのに、ご挨拶が遅くなりました。ありがとうございます。おかげさまで6月トライアルは6名のロクロ希望の方々で、愉しく終了しました。ほとんど皆さんは全くの初めてでしたが、無事作品を完成させて帰られました。スタッフも2度のトライアルでどなたでもやればできると確信しました。現在は毎月末に募集しております。各コース5名以上の催行します。是非一度ご連絡ください。0955−43−2221有田製窯内 作陶塾カナヤマです。

最新情報ありがとうございます。
そうですか、初心者でも作陶できるんですね。
初回の体験ブログを読んでみると、経験者多数で自主的にサクサクやっていく人ばかりの印象だったので、
そんな中に入ってもできるんだろうか・・・、と心配していました。

お財布と職場の休暇と相談です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78962/39792672

この記事へのトラックバック一覧です: 有田の作陶塾:

« 歌川国芳展・前期 | トップページ | 萬坊のいかバーガー »

ティー太のサイト

無料ブログはココログ