最近のトラックバック

« 「第37回 背振山茶談議」のお知らせ | トップページ | 有田の作陶塾 »

2011年4月27日 (水)

歌川国芳展・前期

大阪市立美術館にて「歌川国芳展」、6/5まで開催。板木とごく一部の版画は、全期を通して展示しますが、ほとんどの作品が前期と後期で大幅に入れ替わります。前期は5/8まで。サイトには割引券ダウンロードもあります。大阪展の後は、静岡、東京へ巡回。

1階の展示場を全てを使って展示。浮世絵の一般的なサイズの作品が並んでいるので、かなりたくさんあります。展覧会チラシを見ると、動物のおもしろい絵がたくさんありそうな印象ですが、全体の1/4ぐらいで、ほとんどが武者絵・役者絵・美人画・風景画です。

3~4枚をつないで一つの画面にしてある作品は、見応えがありますね。人物画が多いと自然に着物の柄も多くなります。作者の創作もあるかと思いますが、当時、着物で行き交うお金のある人々は結構華やかだったんじゃないかと思います。紋様好きは必見。カエル柄の着物もあった。

ちょっと異色の作品が「荷宝蔵壁のむだ書」。役者絵が禁じられていたときの作品で、壁に下手に描かれた役者の顔を壁ごとそのまま版画にしています。作品実品で見るよりも、拡大して壁に貼られた絵を見る方がおもしろかった。本当に壁に描かれているみたいです。

展示場の案内には、猫の絵など動物絵の作品の一部が利用されていて、かわゆい。

さて、お楽しみのグッズ販売ですが、非常に気になったのが、蒔絵シールです。携帯のグッズコーナーにあるちょっと浮き出たシール、アレです。和柄は、龍とか虎とか濃い柄が多くて、かわゆいのんが無いねんなあ。この展覧会特製の蒔絵シールはどれもええ感じ。やはり国芳デザインは良いですな。猫と金魚と、どちらも捨てがたかったので、大人買いしました。ああ、散財。売り切れそうな予感がするので、気になる方は、会期の早いうちに行っておきましょう。

他は、ハガキやクリアファイル、トートバッグ、しおり、一筆箋、マグネット、Tシャツなど、よくある商品展開。グッズ以外では、書籍が結構充実していました。じっくり見たかったけど、あんまり時間無かった。ショップは16:45に閉店なので、遅めの時間帯に行く人は要注意。

あと、アダチ版画が国芳の新刷り版画の販売をしています。新たに版画をおこして、刷っています。ああ、めっちゃ欲しい。金魚シリーズかわゆい~。近寄ったら、色々見せてくれるので、買う気がなくても見ておきましょう。手にとって間近に見られるええ機会です。展覧会の方は照明を落としているので、色合いがわかりにくいですが、こちらは、がっつり普通の照明下で見られて、版画の発色の良さがとてもよくわかります。

« 「第37回 背振山茶談議」のお知らせ | トップページ | 有田の作陶塾 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78962/39780810

この記事へのトラックバック一覧です: 歌川国芳展・前期:

« 「第37回 背振山茶談議」のお知らせ | トップページ | 有田の作陶塾 »

ティー太のサイト

無料ブログはココログ