最近のトラックバック

« 大阪の三越伊勢丹の地下 | トップページ | 私と司馬さん|本村健太郎さん »

2011年5月14日 (土)

「第38回 背振山茶談議」のお知らせ

第38回  背振山茶談議

日時   平成23年5月28日(土) 午後2時~
場所   修学院  佐賀県神埼郡吉野ヶ里町坂本
テーマ  山口史子  うれしの釜炒り茶の現状と課題
参加費  諸経費として300円  

新緑の鮮やかな時節になりました。健やかにお過ごしのことと思います。
第37、38回で取り上げた「佐賀県茶業の歩み」の続きは、また後日に行います。
今回は、佐賀県茶業試験場や農業改良普及センターで、茶業研究と技術普及の最前線で活躍された山口史子(現在は農業試験研究センター勤務)さんによるお話です。
当日の概要は次のとおりです。

    「うれしの釜炒り茶の現状と課題」      
「うれしの釜炒り茶」と一言で言っても、できたお茶は千差万別。
県内でも希少ならば全国ではさらに希少な釜炒り茶。
しかし、いくら希少でも、価値がなければ見放されます。
今回は、嬉野周辺における釜炒り茶生産現場の状況について
紹介いたします。(山口史子)

« 大阪の三越伊勢丹の地下 | トップページ | 私と司馬さん|本村健太郎さん »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78962/39986564

この記事へのトラックバック一覧です: 「第38回 背振山茶談議」のお知らせ:

« 大阪の三越伊勢丹の地下 | トップページ | 私と司馬さん|本村健太郎さん »

ティー太のサイト

無料ブログはココログ