最近のトラックバック

« マジェンバ食べてみた | トップページ | 「お茶の歴史を読み直す」講座in静岡のお知らせ »

2011年10月19日 (水)

「第43回 背振山茶談議」のお知らせ

この間、うちにある名刺を眺めていて、そういえば試験場の宮崎さん、どうしてるのかな、と思ってたところです。


「第43回  背振山茶談議」

日時   平成23年10月29日(土) 午後2時~
場所   修学院  佐賀県神埼郡吉野ヶ里町坂本
テーマ  宮崎秀雄 「茶の品質評価法・・美味しい茶の選び方」
参加費  諸経費として300円  

 最近は急須でお茶を淹れることが少なくなり、ペットボトルの茶系飲料で済ますこともおくなりました。
 また、市販茶の価格も100g当たり300円から2000円以上までの開きがあります。
 美味しい茶を頂きたい、それが日常茶飯事の原点ですが、そのためには茶葉の品質、水質と温度、茶葉の量と浸出時間がなどを自分の好みに合わせて、茶を淹れなくてはなりません。特に、茶の品質が最も重要です。
 今回は、佐賀県茶業試験場で永年にわたり茶の栽培、製茶、茶の品質評価に携わっておられる宮崎秀雄さんのお話です。茶の品質評価法、市販茶の価格と美味しさの関係など、茶の極意とすぐに役立つ内容です。

当日の主要項目は
  1.全国茶品評会最高賞「うれしの茶」の品質とそのお茶が出来るまで
  2.官能評価法並びに分析機器による評価法の特徴とその課題
  3.市場茶、市販茶の品質と価格の関係
です。

 修学院の境内は紅葉したイチョウなど多くの木々、草花で晩秋の風情でしょう。
 行楽も兼ねてお越しください、お待ちしています。

« マジェンバ食べてみた | トップページ | 「お茶の歴史を読み直す」講座in静岡のお知らせ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78962/42583074

この記事へのトラックバック一覧です: 「第43回 背振山茶談議」のお知らせ:

« マジェンバ食べてみた | トップページ | 「お茶の歴史を読み直す」講座in静岡のお知らせ »

ティー太のサイト

無料ブログはココログ