最近のトラックバック

« 新年はbancha | トップページ | 特徴ある郵便物 »

2012年1月15日 (日)

「第46回 背振山茶談議」のお知らせ

国産紅茶専門店・紅葉の店長、岡本さんの登場です。佐賀でお店出してるんですからねー、茶談義も出てもらわなきゃ。紅茶の試飲もするそうなので、おすすめです。


「第46回  背振山茶談議」

日時   平成24年1月28日(土) 午後2時~
場所   修学院  佐賀県神埼郡吉野ヶ里町坂本
テーマ  岡本 啓 「和紅茶の話」
参加費  諸経費として今回は 500円  

新しい年をお元気でお過ごしのことと存じます。

今年、最初の茶談議は、紅茶専門店・紅葉(くれは)の岡本 啓さんによる「和紅茶の話」です。和紅茶とは、日本国内で生産される紅茶のことです。江戸幕末の開港に伴い、茶は生糸と並んで主要輸出品となり、明治政府は紅茶の生産・輸出を奨励しましたが、諸事情により低迷しました。更に、昭和46年の「紅茶の輸入自由化」により、国産紅茶は打撃を受けましたが、最近は外国産紅茶とは異なる国産紅茶(和紅茶)が嬉野も含め、各地で生産されています。

今回の岡本さんによるお話の主な内容は、
 1.和紅茶の概要と歩み
    和紅茶とはどんなものか、これまでの歩みについて
    海外紅茶と和紅茶の比較など
 2.和紅茶の特徴 生産者の個性、地域の個性
 3.和紅茶の美味しい淹れ方
    種類別、品種別、生産者別に変わる和紅茶の味わいの体験
 4.和紅茶の展望
などです。
これを契機として、紅茶への関心が喚起されることでしょう。

なお、今回は試飲する紅茶の諸経費のため、会費を500円とします。

修学院の「ろうばい」は花を開いているでしょうか。
極寒の時節です、暖かくしてお出かけください。

« 新年はbancha | トップページ | 特徴ある郵便物 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78962/43754372

この記事へのトラックバック一覧です: 「第46回 背振山茶談議」のお知らせ:

« 新年はbancha | トップページ | 特徴ある郵便物 »

ティー太のサイト

無料ブログはココログ