最近のトラックバック

« ミスタービーン | トップページ | 「第47回 背振山茶談議」のお知らせ »

2012年2月15日 (水)

手仕事がいっぱい

ただいま阪神百貨店にて、「みんなの手づく作品展」(2/15-20)と「江戸伝統の技展」(2/15-21)を開催中。

仕事帰りに職場の人に誘われて、同じく催し会場で開催していた「きもの・ドレス大処分市」を見に行った後に、この手仕事いっぱいの展示即売会に行ってみたら、素敵な作品がたくさんあり、お金がいくらあっても足りないぐらい欲しいものがいっぱい。どれも逸品揃いです。

「江戸伝統の技展」では、いせ辰にて、うろこびっちりで表現している魚の絵ハガキを購入。他には、ミニチュア玩具や木版画浮世絵を堪能。

「みんなの手づくり作品展」は、作品のレベルがどれも高くて、個性的。広告写真にも出ていた、焼きたてパンダのぬいぐるみは本日分完売。他のパン風ポーチもおもしろかったけど、店の人が被っているメロンパン風帽子が一番気になった。アートフラワーが、布を染めて作ったとは思えないぐらいリアルな表現。苔玉に生える野草そのものでした。帯や着物の生地を使ったカバンもおもしろかったなあ。

そして、かわゆさと出来栄えに惹かれて購入したのが、この羊毛フエルトのネコ

Photo
高さ4cmほど。福田恵子さん作

展示場を見始めたときに、羊毛フエルトの作り方を説明してもらい、この小さいネコの立体を表現する苦労や形を完成させるまでに時間がかかることも聞きました。キットで売っているのを見かけて羊毛フエルトは気になっていたのですが、熱心に取り組んだ作品を目の前にすると、すばらしいですなあ。あんなほわほわフエルトを針でさしまくって固めて、こんな形になるのですから。各パーツを作って、本体にくっつけていきます。

福田さんに「よくこんな展示会に出展しているのですか?」と聞いてみたら、今回初めてとのこと。とても初めてとは思えません。また、どこかで見かけるかなー。他にも、同じ様な風合いのマトリョーシカ風ネコや、じょうろに入ったリアルな長毛子猫などもあります。

しかし、この「みんなの手づくり作品展」は、会期が前期・後期に分かれていて、福田さんのコーナーは2/15-17の前期出展なのです。貴重な三日間に出会えて良かったです。

となりの丸いがま口羊毛フエルトがある福山由紀子さんのコーナーも良かったよん。

« ミスタービーン | トップページ | 「第47回 背振山茶談議」のお知らせ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78962/44146869

この記事へのトラックバック一覧です: 手仕事がいっぱい:

« ミスタービーン | トップページ | 「第47回 背振山茶談議」のお知らせ »

ティー太のサイト

無料ブログはココログ