最近のトラックバック

« 新茶の賞味期限 | トップページ | やりいか重箱仕立てを食す »

2013年5月10日 (金)

国宝みうらじゅんいやげ物展

梅田のロフトにぷらっと買い物で寄ったら、エスカレーターのあちこちに「国宝みうらじゅんいやげ物展」の宣伝ポスターやステッカーが。ああ!あやうく見逃すところだった。5/14(火)まで開催。

チケットを持って入り口に行くと、受付のおねえさんが

「おみやげのカスハガです。お好きなのをどうぞ」

と銀色の袋がたくさん並べられたところを指示。初めていやげ物を知る人には、カスハガもわからんやん、と思いつつも一つ選ぶ。どきどき。カスハガとは、観光地に売っているご当地ハガキのうち、これってどうよ!とツッコミたくなる絵柄のものです。単なる身内スナップ写真みたいなものや、意味不明な合成写真、全然地元色の出ていない内容など様々。

ずいぶん昔に扇町で開催していた「みうらじゅんの大物産展」は実に盛りだくさん過ぎて疲れるぐらいの展示物でしたが、今回のはそのうちの、いやげ物に絞った内容でした。いやげ物とは、これもらってもねえ…と疑問に思うようなみやげ物です。

「みうらじゅんの大物産展」が衝撃的過ぎて、今回の展示はちょっと物足りない感じもしましたが、見ている人が、あー!あれ、うちにもある!と言っているのが印象的でした。二穴オヤジは二つうちにあるものがあった。茶マニアとしては気になる急須や人形もあります。フィギュ和のコーナーにまさかほんず作りを再現している人形があるとはね。民俗資料としてもフィギュ和は貴重かも。

いまやすっかり市民権を得ているゆるキャラも、ぬいぐるみで展示してありました。佐賀ゆるキャラでは、むっぴーピンクとやよいちゃんがいました。むっぴーは、佐賀空港のキャラでブルー・ピンク・イエローの3色います。やよいちゃんは吉野ヶ里歴史公園のキャラですが、よく表に出ているのは兄のひみかちゃんの方なんだけどなあ。

« 新茶の賞味期限 | トップページ | やりいか重箱仕立てを食す »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78962/51591232

この記事へのトラックバック一覧です: 国宝みうらじゅんいやげ物展:

« 新茶の賞味期限 | トップページ | やりいか重箱仕立てを食す »

ティー太のサイト

無料ブログはココログ