最近のトラックバック

« 塚口でマサラ上映 | トップページ | 能面と蘭陵王 »

2013年6月19日 (水)

「第63回 背振山茶談議」のお知らせ

第63回  背振山茶談議(佐賀・茶学会)

  日時   平成25年6月29日(土) 午後2時~
  場所   修学院  佐賀県神埼郡吉野ヶ里町坂本
  テーマ  岡本 啓 『和紅茶の本』出版の話し
  参加費  諸経費として 300円  

各地からいろいろなアジサイの便りが届く時節になりました。
 今回は、先月5月に「和紅茶の本」を出版された岡本 啓さんの話です。

近年、和紅茶への関心が高まっています。和紅茶の専門店として、その魅力を伝えようと励んできた著者が、その発売までの経緯、書ききれなかった裏舞台、今後の和紅茶の動向予想についてお話しします。
近年は和紅茶に限らず、発酵茶などに挑戦する人材、そしてそれを支援する自治体も増えてきました。和紅茶を皮切りに、お茶のバリエーションは増えるでしょう、それ同時に、
日常品から嗜好品へ転換をするかもしれません。
そして、それは茶という作物にとって光と影両方の可能性を持っています。
和紅茶が今後どのような形で皆さんの茶の間に上がっていくか?
当日は、
 1.「和紅茶の本」発刊までの経緯
 2.制作記
 3.和紅茶の魅力と新しい可能性
 4.今後の活動と、和紅茶の展望
などを、皆さんで考えていきましょう。
    (岡本 啓)

なお、当日は岡本啓著「和紅茶の本」(定価1400円、税別)の販売もなされます。
また、川頭芳雄著「佐賀県郷土史物語 第一篇 脊振山と栄西 第二篇 大潮と売茶翁」
昭和49年 自費出版 954頁 の在庫が3000円で購入できます。

必要な方はご連絡ください。

« 塚口でマサラ上映 | トップページ | 能面と蘭陵王 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78962/52096595

この記事へのトラックバック一覧です: 「第63回 背振山茶談議」のお知らせ:

« 塚口でマサラ上映 | トップページ | 能面と蘭陵王 »

ティー太のサイト

無料ブログはココログ