最近のトラックバック

« 能面と蘭陵王 | トップページ | 「第64回 背振山茶談議(佐賀・茶学会)」のお知らせ »

2013年7月 6日 (土)

フィンランドの緑茶を試飲!

フィンランド在住でフエルトを使ったバッグなどを作っている友人が、この夏、一時帰国すると知って、メッセージで話が盛り上がっておりました。そんな中、茶マニアの私にフィンランドの緑茶を送るので、試飲してコメントをつけてもらい、自分のブランドのニュースレターの記事にしたい、と提案がありました。それなら、スペースレンタルができる日本茶カフェがあるから、そこで数人で試飲会をしたほうがよいのでは?と言ってみたら、どんどん話が盛り上がってしまい、とうとう審査員4人(私と店長含む)でフィンランドの緑茶を試飲する会が計画されました。

フィンランドの緑茶、と言っても、フィンランドで採れる緑茶ではなく、輸入した緑茶にベリーやハーブをブレンドして香り付けをしたフレーバードティーです。5種類試飲してほしい!と友人は、えらいやる気。日本茶カフェとの交渉は私が担当して、緑茶や試飲シートの準備は友人が。試飲シートは、始めはフリー記載の様式でしたが、日本茶の審査はどうなってるの?との質問に、茶審査の論文資料を送ったら、その影響を受けた詳しい様式に変身してきました。そこまでせんでもええかなあ、と思いましたが、カフェの店長が「これぐらい詳細な記載欄があったら、飲むほうもしっかりせねば、と思いますよ」との評価もあり、これもまたよいのでしょうな。

さて、試飲会当日、会場の大阪十三の茶淹に到着。主催者の友人が一番遅れて到着でした。審査員募集の案内に対して、フィンランド好き!の一言を添えて即応募してきた二人を採用してみたところ、その判断は間違いではなかったな、と思いました。

Fing01
二人ともフィンランド好きをアピールするアクセサリーを着用!

Fing02
友人がブランド「Aika Felt Works」で使うフエルトについて説明中

Fing03
フィンランドのアートについて解説中。この日本語で紹介するパンフも友人が編集。おお

私も聞きたかったんだけど、会場様子の写真撮影とお茶の準備をする裏方スタッフに集中しました。フィンランドや自分のブランドの紹介プレゼンするように事前に伝えておいてよかった。ほんま、ノープランで臨みそうやったもん。みなさん、盛り上がっているようでなにより。

Fing04
本日の主役、5種のフィンランド緑茶

ポリ袋に包みごと入れていても、強烈なベリーの香りがします。右端のピンクの包装がそれ。店内があまーい香りに包まれております。

パッケージの一番上に「MANDRAGORA」と書いてあります。お茶屋さんの名前、これなのかー。やっぱりアレを思い出しちゃうんだよなあ。土から引っこ抜くとギャーッて叫ぶ人型植物。お花のマークがついてるから、もちろん本来のマンドラゴラから名前を付けているんだろうけど。

5種は、フィンランドらしい一品や店員のお勧め、地元に人気、といった観点から選定されています。

Raikas mustikka (フレッシュブルーベリー)
Las Palmas (カナリア諸島の島の名前)
Karpalo & Aronia (クランベリー&チョークベリー)
Minttu syleilee vadelmaa (ラズベリー入りミント)
Mansikkasamppanja (ストロベリーシャンパン)

茶さじ2杯のお茶を80度ぐらいのお湯200ccで3分間浸出。1種ずつ試飲していきました。その度に各自の評価で盛り上がります。みなさんの評価やランキングは、「Aika Felt Works」で発行されるニュースレターを購読して、記事をご覧くださいませ。(8月頃掲載予定)

気になるベースになっている緑茶は、中国浙江省から輸入したものです。それぞれの種類でベースとなる緑茶が違っているようです。荒い煎茶、渋み旨みちょうどよい煎茶、青柳風、釜炒り茶という感じか? 3分浸出してもさほど渋くなりません。

フレーバードティーはあまり好きではないので期待はしていなかったのですが、どれも日本には無い香り付けのセンスでバランスがよく、おいしかったです。ベリーの使い方が絶妙。

私はこれが気に入ったね。自分がフィンランド人と気づいた日であった。

Fing05
フィンランドらしい一品

Fing06
フィンランド定番おやつも登場。ゼリーとチョコです。ゼリーが気に入ったね。

Fing07
審査員にはお礼として、「Aika Felt Works」フエルトコースター2枚入りのお好きな色二組を進呈。たちまち店内大盛り上がり。自宅にある器の色との組み合わせて悩む人々。

他にも工業用フエルトを使ったバッグやスリッパなどのグッズがあり、「Aika Felt Works」のウェブで販売しています。もちろん、写真のコースターも。北欧雑貨好きには、グッとくるデザインですよ☆ ぜひサイトもご覧ください。

« 能面と蘭陵王 | トップページ | 「第64回 背振山茶談議(佐賀・茶学会)」のお知らせ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78962/52564632

この記事へのトラックバック一覧です: フィンランドの緑茶を試飲!:

« 能面と蘭陵王 | トップページ | 「第64回 背振山茶談議(佐賀・茶学会)」のお知らせ »

ティー太のサイト

無料ブログはココログ