最近のトラックバック

« 「第68回 背振山茶談議(佐賀・茶学会)」のお知らせ | トップページ | 忘年茶会 »

2013年12月17日 (火)

出張○○屋の時代

大阪十三の茶淹で出会った安江さんが開催する「出張○○屋サミットvol.1」に参加してみました。私自身、出張○○屋をしよう!という構想は今のところないのですが、以前お茶イベントをいろいろやってきた人としては、店舗経営ではなく、出張型で取り組んでいることが気になるんです。

開始前はテーブル席でポツーンとお一人様状況で、まわりで出会った人々同士で話題が盛り上がってるのをいいなあ、と思いつつも、昨日今日と職場でこき使われてぐったりさんはもう開拓するゆとりもなく、今日はひっそり参加の人でええか、と思って発表者の話を堪能する方向にしてみました。ちなみに隣のテーブル席の方々は、書道家と何か店舗経営をしてそうな人とフリーのスタイリスト。スタイリストさんがとっても若い人なのにフリーで活動しているのに驚き。

発表は、紅茶屋、コーヒー屋、お菓子と器屋、カレーイベントのお話で、それぞれが自分のスタイルで取り組んでいて、今の時代の多様性を感じました。バンバン儲ける、というのではなく、人との交流が主体ですね。セトコーヒーの方のお話が特におもしろくて、始めはコーヒーに興味がなかったというのが驚き。あ、でも私も似たようなもんか。日本茶好きで日本茶インストラクターの資格取った訳でもなかったし。セトコーヒーの方は、人をひきつけるコーヒーが一体どういうものなのか追求していくうちにはまったそうです。お寺でも出店があるとかで、これも気になる。

発表後にテーブル席で同席になった方に話しかけてみたら、紅茶に詳しい方でした。国産紅茶に対して厳しい見方をしてくるので、いやいや最近はクオリティ上がってますよ!とやや喧嘩口調な会話から始まりましたが、後半はどんどん楽しくなる展開でした。帰り道もこってり話が続いておもしろかったです。来年長野に店を出すそうですが、まだどんな店にするのかも未定というのも驚き。うーむ、今日はいろいろ驚きがいっぱいでおもしろいなあ。

« 「第68回 背振山茶談議(佐賀・茶学会)」のお知らせ | トップページ | 忘年茶会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78962/54294378

この記事へのトラックバック一覧です: 出張○○屋の時代:

« 「第68回 背振山茶談議(佐賀・茶学会)」のお知らせ | トップページ | 忘年茶会 »

ティー太のサイト

無料ブログはココログ