最近のトラックバック

« 阪急うめだ本店にて「有田の匠」展 | トップページ | ロマンシング佐賀が実現 »

2014年3月 2日 (日)

梅田でARITA PORCELAIN LABに出会う

3/1夕方、阪急梅田本店の「有田の匠」展を見終わって、いつもの食器フロア巡回コースをたどっていたら、あら!ARITA PORCELAIN LABがコトコトステージ(催しコーナー)に来てるではありませんか!東京に度々出展している模様は、そこのフェイスブックページで見ていて、大阪にも来てよー!と思っていましたが、いま来ているとは。3/4まで出展。

コーナーに行くと、フェイスブックページでよく見かける着物のにいちゃんがいました。フェイスブックで見てますよ、と話しかけてみると、大阪は初の出展で、阪急のフロアの雰囲気もあってか、売れていますとのこと。そうそう、ここのフロア、よく作家作品の販売もやってるので、好きな人はまめに通ってチェックしてますのよ。

気になる小皿があったので、一日考えてから買うかどうか決めることにしました。

そして翌日、井上萬二先生のギャラリートークを聴き、青白磁のコーヒーカップを買っちゃった後、こちらに寄りました。商品を一つ一つ手にとってじっくり眺めていると、阪急の店員さんが寄ってきていろいろ話しかけてきたので、このブランドのフェイスブックページをチェックしていると話したら更に話が大盛り上がり。大阪にも来てよーと思っていたと言ったら、阪急側も何度かオファーしたけど、東京の予定が詰まっていてなかなか来てもらえないとのことでした。上の階の「有田の匠」展も満を持しての企画だそうです。やはり阪急百貨店はきっちりいい仕事してますねー。

さて、商品選択にやや迷いましたが、


JAPANCHERRY 銘々皿・波鶴と、


銘々皿・古伊万里草花紋を購入。

緑色の銘々皿・古伊万里草花紋はJapan Tea シリーズで、日本茶の緑の色をイメージしたデザインです。

阪急の店員さんが「やざえもんさんも来てます」と、着物のにいちゃんを指したので、ん?と思いましたが、このブランドは弥左エ門窯の企画。なるほど、しっかり伝統に根付いた商品なんですね。そして、にいちゃんは7代目弥左エ門さんでした。

« 阪急うめだ本店にて「有田の匠」展 | トップページ | ロマンシング佐賀が実現 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78962/55209864

この記事へのトラックバック一覧です: 梅田でARITA PORCELAIN LABに出会う:

« 阪急うめだ本店にて「有田の匠」展 | トップページ | ロマンシング佐賀が実現 »

ティー太のサイト

無料ブログはココログ