最近のトラックバック

« 「第71回 背振山茶談議(佐賀・茶学会)」のお知らせ | トップページ | 梅田でARITA PORCELAIN LABに出会う »

2014年3月 2日 (日)

阪急うめだ本店にて「有田の匠」展

阪急うめだ本店にて「有田の匠」展が開催中。3/3(月)18時まで。3/1と3/2に見てきました。

3/1は14時から今泉今右衛門先生のギャラリートークがあったのですが、雅楽の演奏会と重なっていたので、断念。会場に行くと、隣のアートアクアリウム展はものすごい行列なのですが、有田の匠展は空いておりました・・・。こちらのほうが価値がすごいんだけどなあ。

有田焼の技術を追求している40余名の先生方の作品がたくさん並んでいます。花器や大皿など大型の作品が展示されているところは、どれもフォルムがすごい!圧倒的な存在感があり、繊細さや大胆さなど、作家によって表現が様々。こんなすばらしい作品がたくさん並ぶ機会はそうそう無いでしょう。昨年の佐賀旅で出会った銀河釉の中尾哲彰さんの作品もあってよかったです。

大型作品は販売もしているのですが、すばらしいお値段であります。エスカレーター近くに食器や酒器が販売されていて、こちらは中には手が届くお値段のものもありました。照井一玄さんの青白磁コーヒーカップが気になって、翌日購入。

3/2は人間国宝でもある井上萬二先生のギャラリートークを聴きに行きました。すばらしい先生に師事して技を極め、有田窯業試験場の職員として働き、要請によりアメリカに単身渡って講師も勤めた、という壮大なお話でした。普通の人が作家として成功しやすいと言っていたのが印象的でした。器用な人はすぐに技を習得して、物事を簡単に捉えてうまくいかず、不器用な人はなかなかできなくてすぐにやめる、とのこと。普通の人は時間をかけて技を積み上げるので続けていけるとか。何事も努力、精進すれば達成できる、と。ふむふむ。

« 「第71回 背振山茶談議(佐賀・茶学会)」のお知らせ | トップページ | 梅田でARITA PORCELAIN LABに出会う »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/78962/55209635

この記事へのトラックバック一覧です: 阪急うめだ本店にて「有田の匠」展:

« 「第71回 背振山茶談議(佐賀・茶学会)」のお知らせ | トップページ | 梅田でARITA PORCELAIN LABに出会う »

ティー太のサイト

無料ブログはココログ