最近のトラックバック

« 2015年6月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年7月の2件の記事

2015年7月27日 (月)

108ヶ所どうぶつスタンプラリー

友人がハマりだしていて気になっていた「地下鉄まるごとどうぶつスタンプラリー」、私も7月中旬頃から始めました。108ヶ所巡ったら煩悩を滅せられるかしら。

大阪市交通局と天王寺動物園のイベントで、実は4月から始まっています。11/1まで開催。地下鉄とニュートラム全駅108ヶ所の駅長室にどうぶつのスタンプが置いてあり、スタンプを押すと、動物カードがもらえます。駅長室は駅構内か駅構外にあるため、ずっと各駅構内を巡っていたら集まるというものではないんだな。台紙の路線図にあらかじめ、構外に駅長室があるところをチェックしておくと、巡る作戦が立てやすいです。

01
1エリア全てスタンプを集めるとカードホルダーがもらえるのだ。

ニュートラムの自動運転ってすごいね!サクサク電車がやってくるよ。駅も小規模なので、どんどんスタンプが集まります。谷町線だとダイヤの間隔が少しあいているので、少々待ち時間が必要です。広い駅は駅長室までの移動と階段の上り下りで、意外と疲れたりするんだな。

どうぶつスタンプを集めるのはもちろんだけど、一緒に駅のスタンプも集めてほしい!

長らく大阪に暮らしていますが、地下鉄の各駅に駅スタンプがあるなんて全然知りませんでした。

02
駅にちなんだ図柄だと思うけど、なんだかよくわからない図案も。

ポイントは路線でスタンプ台のインクの色が分けられているところ。大阪お住まいの方ならピンとくるよね?路線のカラーと一致しているのです。ほほう。ニュートラムは、スペースの都合上、駅スタンプを表に出していないみたいなので、「駅スタンプありますか?」と声をかけたら、出してくれますよ。

まだまだ全駅制覇までは遠いけど、がんばるでー。

2015年7月10日 (金)

第16回 「座・茶論」のお知らせ

第16回 「座・茶論」

日時 平成27年7月25日(土)  午後2時~
場所 佐賀大学同窓会館(佐賀大学本庄キャンパス)
話題提供 村岡 実 「茶の通説、その真偽を考える」
参加費  諸経費として 200円 

 酒を飲むのはヒトだけかと思っていたら、最近の研究ではチンパンジーにも飲酒文化がありました。次なる期待は「喫茶」の確認です。
 ところで、増加し続ける詐欺被害の防止は「疑うこと」です。また巧妙化する広告にもその根拠に疑いがあります。
今、財政危機で揺れるギリシャでは紀元前5世紀頃に「常識・通説」に「ウソー、その根拠は?」と問うた人(ソクラテス)がいたそうです。以来、疑うことによって「智(哲学・学問)」ができてきました。
 「全ては疑いに始まり、そのからくりを解きほぐすこと」、今回は茶に係わる「通説」を疑い尽くしてその真偽を検証します。
まずは、次の10項目の真偽は如何でしょうか。当日は新説も出てくるかも知れません。
来場をお待ちしています。

1.中国からイギリスへ緑茶を運ぶ船中で「紅茶」ができたか
2.緑茶、紅茶、珈琲、コーラに共通する成分は「カフェイン」か
3.紅茶は味噌、醤油などと同じ「発酵食品」か 
4.緑茶に最も多く含まれる成分はカテキン類
5.「日本茶栽培発祥の地」と云われる背振山に栄西は中国から茶を将来したか
6.茶葉を用いた野菜炒めや漬け物があるか
7.佐賀県の嬉野では明治5年頃に紅茶製法があったか
8.中国の唐、宋では固形茶(餅茶)が主流であったか
9.「アメリカ独立戦争」、「アヘン戦争」には茶が係わっているか
10.茶類(緑茶、紅茶など)の一人当たり消費量が最も多いのはクエートか

« 2015年6月 | トップページ | 2015年9月 »

ティー太のサイト

無料ブログはココログ