最近のトラックバック

« 2015年9月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年10月の2件の記事

2015年10月31日 (土)

ニホンカナヘビ根付

先週まで大阪・通天閣近くのGallery Cafe*kirin*にて、両生類とハ虫類の写真と造形展をやっていました。そこに長らくの友人である清水ゆう子さん(海洋堂)が作品を出展していて、実によい根付がお手頃価格でありましたので、早速購入しました。

01
ニホンカナヘビとタンポポを組み合わせた造形の根付です。

02
根付なので小さいのですが、細かい表現まで凝ってます。

作品はフルカラー版でしたが、商品として販売しているものは、この写真の白っぽいものと木彫りの雰囲気の薄茶色がありました。ハ虫類大好きで、細かい凹凸の表現が好きなので、そのまんま好みが表れた造形です。海洋堂に20年ぐらい勤めていて、友人の作品はいずれ買いたいと思っていましたが、なかなか機会が無く、今回ようやく買えて嬉しかったです。

作品展は終了していますが、Gallery Cafe*kirin*でしばらくこの根付を置いているそうです。気になる方はぜひ、Gallery Cafe*kirin*に行ってみてください。なお、個人活動の作品のため、海洋堂には問い合わせなさらないようにお願いします。

このGallery Cafe*kirin*の人とお話ししたところ、天王寺動物園が近くにあるのに、子どもとくつろげるような喫茶店は無いので開店したそうです。そう、あの辺は串カツ屋か喫煙可の喫茶店ばかりよねえ。カフェには動物好きや動物関係の職員さんがよく来ていて、動物関係の作品展もしており、動物グッズもいろいろ常設していました。おもしろい作品多数で、それを眺めているのも楽しいですよ。

2015年10月 8日 (木)

マッチャウェイあらわる

ルピシアが新しい抹茶の飲み方を提案してきました。「MATCHAWAY」(マッチャウェイ)という商品名で、一煎分の抹茶をパックにしているだけのように見えますが、茶筅で点てずに、お湯か水を注いでかき混ぜて飲みます。溶けやすいように加工してある抹茶ですが、それだけではありません。

プレーンの抹茶もありますが、ストロベリー&アサイー、チョコレート、アップルという味わいもあるのです。お試し4種セットを買ってみました。買ったときには、単品のプレーンは売り切れでした。おお、普通の味わいがさっそく人気。

01
4種セットは650円。抹茶は愛知県の西尾産です。

02
高品質な抹茶品種を使っているなど、説明がいっぱいのパッケージ。

ストロベリー&アサイーを飲んでみました。150mlのお湯が適量のため、水を量って沸かしました。スティックを開けようとして、ああ、残念!切り込みもマジックカット加工も無いパッケージのため、開けるにはハサミが必要でした。職場でもいれやすい狙いなのに・・・。さて、マッチャウェイをいれたカップに沸きたてのお湯を注いで混ぜてみると・・・、おお、この香りは!

ゼリーエースのイチゴ味を作っている時を思い出す香り!

飲んでみると、混ぜている時ほどイチゴの感じはしないんだけど、

うーむ味が薄い。

普段、濃いめで抹茶を点てている私には薄すぎました。でも苦みや渋みが全くないので、飲みやすいです。香り主体で楽しむ感じですね。

お抹茶=渋いと思っている人がいるかもしれませんが、上等の抹茶(20g1000円以上)を使うと、渋みが無く、良い香りがして、ほんのり甘みもあっておいしいのです。

というわけで、既においしい抹茶のイメージが強い人には全然向かないかな。これから抹茶を手軽に飲んでみようという方にはよいかも。

« 2015年9月 | トップページ | 2016年1月 »

ティー太のサイト

無料ブログはココログ