最近のトラックバック

« 2016年4月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年5月の2件の記事

2016年5月29日 (日)

吉田山大茶会2016は大賑わい

毎年恒例の吉田山大茶会に行ってきました。会場は京都の吉田神社境内。京都大学の近所です。毎年、大雨が降ってもたくさんの客が訪れ、みなさん山ほどお茶を買ったり飲んだりするマニアなお茶イベントです。今年は昨年よりずっと出店が多く、なかなか見応えがありました。一時、お茶濃度薄めのブースも見られた年もあって、バラエティ豊かなイベントになるのかと思いきや、今年はほとんどガッツリお茶ものでした。

一番気になっていた今年初出店の熊本の「お茶のカジハラ」ブースで試飲。十三の日本茶喫茶店・茶淹でおなじみの釜煎り茶や紅茶を販売しています。楽しみにしていた一番茶の紅茶は前日で完売していました。試飲で味わったらめっさおいしい!烏龍茶は作るのが大変と言いながらも、こちらもめっさおいしい!カジハラの蔵には在庫があるとのことです。

2016_01
試飲の器もステキでした♪菊の花のような彫り込みがあります。

写真の白い器の作家さんも来ていて、有田の方でした。来年はぜひ器も販売して欲しいです。この茶会ならきっと売れます。


中国茶普及協会の茶会では明前獅峰龍井茶を味わいました。

2016_02
お茶の葉がきれいな黄緑色です。

蓋碗で何度かいれてましたが、私はガラスコップに入れて、味が濃くなるまで浸して飲みたかったな。葉っぱを10枚ほど集めてプレスした茶托がおもしろかったです。


好茶工房では実にたくさんの種類の中国茶を販売していて、四川紅茶と無煙正山小種を買ってみました。中国茶というと、烏龍茶が幅をきかせてる日本ですが、紅茶をいくつか取り扱っていてええ感じです。


土屋作庭所の茶室が斬新でした!移動茶室!

2016_03
軽トラの上に畳みを敷き、周りに座席を置いています。


本日のお買い上げ茶器。
茶語が出店していて、最終セールの超お買い得をいただきました。

2016_04

2016_05

2016年5月28日 (土)

芝田町にて鍋島焼

Facebookの佐賀県関西・中京事務所のシェアにより知った芝田町画廊「鍋島焼現代の匠展」に行ってきました。5/26~5/31、11:00~19:00(最終日は15:00まで)開催です。画廊は阪急梅田駅から済生会中津病院へ行く途中あたりにあります。

佐賀県伊万里市の大川内山(おおかわちやま)に鍋島藩御用窯が集められていて、廃藩置県により一旦解散しますが、その後鍋島焼は復興され、現在に至ります。

その江戸時代からの技術を受け継いだ伝統工芸士三人の作陶展です。「光山窯」「虎仙窯」「冬山窯」が出展しています。

たくさんの作品がお手頃価格からあり、色鍋島のキラキラした世界に包まれて、あれこれお持ち帰りしたくなりましたが、ぐっとこらえて、予算に収まる範囲で購入。

Photo
虎仙窯 青木妙子さんが「2枚描いてきた!」と言っていたうちの豆皿1枚

Photo_2
市川光山窯 カッコイイ湯呑み。唐花文です。

作家さんも在廊していて、入った瞬間は佐賀弁で談笑タイム中でした。私が入ってから、シーンとなってしまったので、内心とても残念。佐賀弁堪能したいのにい。

青木さんは、虎仙窯作品の近くに来るといろいろ話しかけてきたので、熊本の地震の時の窯元の模様や佐賀話で盛り上がりました。

お買い上げ後は、包んでいる間に、他の男性陣に夕食どころはどうしているのか聞いてみたり。

阪急百貨店の食器売り場に通う人なら、とても気に入って買いそうな逸品揃いで、すぐ近くなんだし、もっといろんな人に寄って欲しいなあ、と思いました。

« 2016年4月 | トップページ | 2016年8月 »

ティー太のサイト

無料ブログはココログ