最近のトラックバック

カテゴリー「日本茶」の349件の記事

2018年5月17日 (木)

阪急百貨店のワールド・ティー・フェスティバル

5/17(木)から阪急百貨店うめだ本店9階にて、「ワールド・ティー・フェスティバル」を開催しています。21(月)まで。仕事帰りの夕方にぷらっと見てきました。

Teafes01
祝祭広場の「世界のティースタイル」

Teafes02
阪急うめだギャラリーの「英国紅茶とアフタヌーンティー」

Teafes03
アートステージの「アジアのお茶」

Teafes04_2

今回はたくさんの売場を利用して開催。A5サイズの冊子を作るほど、気合いの入ったイベントです。

単価がそこそこ高いお茶、お菓子もいろいろ売っていますので、目的と優先順位を予め心に決めておいてから会場に行くことをお勧めします。いくらお金があっても足りないぐらい、魅力的な商品がいっぱい。あまり買うつもりは無かったのに、そこそこ散財してしまいました。

アジアのお茶、世界のティースタイルともに、日本茶があります。紅茶、煎茶、フレーバード煎茶など、新しいスタイルの日本茶があり、煎茶が売れないとぼやいている人はぜひ行って、お客さんの様子とともに観察してもらいたいです。

<みどころ>
「NISHIKIEN 錦苑」
50g量り売りの新茶の荒茶(1200円税抜)があります。初出店ということでお値打ち商品だそうです。葉は小さく薄い感じでおいしそうです。京都・南山城のお茶を取り扱っています。

「KANEJU-FARM カネ十農園」
上質の煎茶揃いでした。パッケージも良いデザインです。柚子煎茶(50g、1400円)は柚子とレモングラスを煎茶にブレンドしています。なかなかよい香りで上品な味わいでした。静岡・牧ノ原のお茶を取り扱っています。

「MITSUURA JOZO 光浦醸造」
瀬戸内の薄切りドライレモンとティーバッグをセットにした商品です。ハート型のレモンスライスがセットのティーバッグは、あまり店頭販売をしていなくて、通販でありますが、すぐ売り切れるそうです。気になる方は今回の出店で買うのがよいかも。普通のレモンスライスとセットのティーバッグは、中川政七商店に置いているとのこと。日本以外のお茶のティーバッグが新商品で、今回初お目見えです。

「CREHA 紅葉(くれは)」

佐賀にある紅茶専門店です。和紅茶はストレート、フレーバードともにあります。店長がおもしろいのですが、今回は初日のみ登場でした。出店する毎に訪れるお客さんが増えているような・・・。和のチャイは、この出店に間に合うようにたくさん発注していたのですが、新茶シーズンと被って納期が遅れ、持ち込んでいる数量が少ないとのことです。狙っている方はお早めに。

2018年4月 9日 (月)

3月のANAはお茶尽くしでした

3月にANA国内線を利用したら、機内誌も機内放送もお茶ものでした。ただいまANAのサイトに先月分の機内誌と機内放送が公開されています。来月になる前に見てね♪

機内誌「翼の王国」3月号 「ちょっとお茶しに、インドネシアへ」
記事を書いているのは日本茶インストラクターの今村由美さん。



「二度目の篠山」
岩茶房 丹波ことりが紹介されています。

Innovative Minds 第17話:
株式会社伊藤園 すべては鮮度のために~伊藤園『お~いお茶』のおいしさの秘密~

映像は25分ほどあります。
緑茶飲料「お~いお茶」のブランドマネージャーに密着。その一杯にかけた、情熱と革新の物語です。

2018年1月27日 (土)

『佐賀さいこう!フェア in 大阪』のお茶と焼き物

1/27、1/28に大阪駅にて開催の『佐賀さいこう!フェア in 大阪』には茶マニアと器好きがウキウキする物販がありました。

18_14
嬉野ブースで全国茶品評会出品茶を入手。25g500円也。他にも一般的に販売されいる蒸し製玉緑茶、釜炒り製玉緑茶もありますよ。

有田のブースにはあの焼き物が!

18_06_2
めっさ気になっていた有田焼町並みコレクションが並んでいるではありませんか!
現地ではガシャポン販売なのに、ここでは好きな物が選んで買える!1個1000円也。

18_11_2
深川製磁本店風のものにしました。

18_12_2
入口正面はビル風に見えて、実は日本家屋の作りのアレですな。

18_13_2
やはり町屋風のも欲しくなってくるなあ。

2017年10月26日 (木)

和フレーバーティーで広がる「和紅茶」の世界

阪急うめだ本店の地下1階売場に、佐賀の紅茶専門店紅葉が出店しています。

~豊かな香りでほっと一息~ 『和フレーバーティーで広がる「和紅茶」の世界』
期間:10月25日(水)~31日(火)
売場:地下1階 ツリーテラス

26日と27日にはミニセミナーもあるのですが、事前申込抽選で既に締切済みです。

初日の夕方にぷらっと寄ってみたら、岡本店長が退散するところでした。売場は、お茶好きっぽい人やリピーターらしき人でにぎわっておりました。土日はさぞかし混雑するだろうな。

先日佐賀に行って紅葉に寄ったときに、今度は阪急で和のフレーバーティーで出店し、和のチャイに山椒を入れてみる、と店長から聞いていました。

そんなん聞いたら気になるやん。

Photo

というわけで、和のチャイをお買い上げ~。お茶請けとして、いろんな地域のお菓子も売っていて、まだ食べたことがない仙台のお菓子も買ってみました。

国産の紅茶にしょうが(鹿児島)、肉桂葉(熊本)、陳皮(福岡)、ほうじ茶(佐賀)、山椒(熊本)がブレンドされています。試飲をしてみたかったのですが、「ミルクでいれないといけないので試飲はありません」と売場スタッフ。店長のこだわりどおりにいれることが重要のようです。

2017年10月14日 (土)

【佐賀旅2017秋】10/14 紅茶専門店紅葉でおおふじ紅茶

佐賀来訪時のいつものコースで、紅茶専門店紅葉へ。店長が店にいて、「喫茶メニューに無いものも出せますよ」とのこと。個性的なお茶カフェに行くとよくこのセリフを聞くよなあ。長竹とか、茶淹とか。

いくつかあげられた喫茶メニューに無いお茶候補の中から「おおふじ紅茶」にしました。蜜の様な甘く、深い香りが楽しめる清廉タイプの紅茶。静岡の磐田のお茶です。

17_06
バルーンの時期に出す予定のお菓子を先取りで提供してもらいました。おおきに♪

佐賀忍者の末裔が嬉野にいるという情報を「かちかちプレス」でやっていたと店長に話したら、思いのほか食いついてきました。実は忍者に興味があるそうで。他にもタブラに興味を持ったときの話とか、興味範囲が広いですな。

また阪急うめだ本店に出店するそうで、今度は和のフレーバーティがテーマだそうです。和のチャイに山椒を入れる!とのこと。

本日は休暇の友人宛へのお土産を託して、いそいそと次の目的地へ。また近所の鍋島緞通手織工房 織ものがたりに寄れないのね。

2017年9月23日 (土)

阪急の九州物産大会に佐賀もん

ただいま阪急百貨店梅田本店の9階催事場にて、「九州物産大会」開催中。9/26(火)まで。
初日の9/20に行ってきました。

チラシを見て一番気になっていたのが、村岡総本舗羊羹アイス。佐賀でしか食べられないと思っていたので、感激。

Photo
真ん中に羊羹が入っているアイスキャンデー。味は三つあり、本練、紅練、青えんどう。各195円。

以前行った佐賀旅で、最終日にお菓子屋巡りをしているときに販売開始を知り、食べている間が無く、次回行ったときに食べようと思っていました。催事の売り場の人に「佐賀で食べそびれていて、次に佐賀に行ったときに食べようと思っていたんですよ-」と話したら、「今回、関西初出品で、評判が良かったらまた持ってこようと思っています」とのこと。

他にも佐賀もんはいろいろありました。北島の丸ぼうろ、嬉野茶、カイロ堂の佐賀牛すき焼き弁当、有田の渓山窯の器など。

しかし!チラシには載っていないあの商品がありました!
佐賀の賢人バッジです。県外初出品。佐賀でも限られた場所にしか置いていないレアアイテム。


阪急百貨店の催事紹介ページには、8種セット販売と書いてありますが、単品販売もありました。実は12種類あるんです。お茶好きなら売茶翁バッジは買いですよ!
置いている場所はラッピング承りコーナーです。ミッフィーのチャリティマスコットがどんなものか見に行ったら、すぐとなりに置いてあってびっくり。

2017年8月27日 (日)

お茶と禅

ルピシアだより9月号に「お茶と禅— 心を調(ととの)える —」という記事が載っていました。紅茶かフレーバーティーの話題が多いルピシアだよりには珍しい内容です。禅僧へのインタビュー記事がメインで、禅とお茶の関わりを深く語るというよりも、どんなときにお茶をいただくかが書いてありました。

抹茶は「緊張感を得たり、精神状態を高めるためのもの」とお話されたかたもいましたが、私の場合は、抹茶を飲むと、ほかほかして眠くなるねんな。

2017年8月11日 (金)

お茶の京都みなみやましろ村阪急梅田店 出店中

阪急梅田駅改札内2階に「お茶の京都みなみやましろ村阪急梅田店」が出店中。8/15まで。最終日は閉店時間が早い(と言っても夜8時だけど)ので、行くならお早めに。

【販売場所】 阪急梅田駅2階中央改札内
【営業期間】 7月27日(木)~8月15日(火)
【営業時間】 11:00~22:00 (初日は16:00開店、最終日は20:00閉店)

01

店内は入り口付近にお茶スイーツ盛りだくさん。よく見ると伊藤久右衛門の商品がたくさん並んでいました。ほほう。

初日7/27に行くと、お茶は煎茶2種、冠茶(かぶせちゃ)2種、荒茶が売っていました。ティーバッグもあり。後日行ってみると、紅茶2種(やぶきた、べにふうき)が加わっていました。煎茶は50g1000円の強気の商品です。表のディスプレイに茶畑写真を使っているなら、もっといろいろな農家さんのお茶を置いてもよさそうな感じはするんだけどなあ。思ったよりお茶が少ない印象でした。

他の物産は野菜や鹿肉加工品、漬け物、地ビールなど。

やはり目玉は抹茶ソフトでしょう。

02

400円だけれども、抹茶がたくさん入って原価率高めなんだろうな。

03

濃厚な味わいで、少し苦みがありました。暑いので、すぐに溶ける溶ける・・・。

2017年4月 5日 (水)

SAVVY 5月号で日本茶特集

お茶つながりの友人がSNSで、「SAVVY 5月号にうちの店載った!」といった投稿をしているのを見て、買わねばと思っては忘れを繰り返し、ようやく買うた。ふう

Savvy01_2
SAVVY(サヴィ) 2017年 05 月号 [雑誌]

あんまり期待はしていなかったんだけど、新しい日本茶のカフェがたくさん載っていて、これは行かねばと思う店もちらほら。大阪にも日本茶でまったりできる店がずいぶん増えましたな。
しかし、なぜ日本茶カフェとなると、器が陶器の無地で、天然木素材か自然素材風の室内装飾になるのかね。どれも似たり寄ったりで、あまり特徴がないんよね。

そうそう、多田製茶のお若い七代目さんが日本茶の種類を紹介していました。ふふ

表紙の表題どおり、紅茶のお店もたくさん載っていて、アフタヌーンティー特集ページがなかなか見応えがありました。こんなにもずらりとアフタヌーンティースタンドの写真が並ぶとは。

特集の最後の方には、チラッと中国茶も載っていたり、日本旅特集に陶磁器産地が紹介されていたり、とお茶好きにあう誌面構成になっていて、ニヤニヤしてしまいました。

そして!陶磁器産地と言えば、佐賀の有田も紹介されています!
うちのふうども載ってるやん!

Savvy02_2

思った以上にいろいろ楽しめる5月号でした。みなさんもぜひー。


2017年4月 2日 (日)

お茶の京都博

「お茶の京都博」が4/1から1年間、開催しています。

パンフレットを見たところ、静岡の世界お茶まつりや各生産地で毎年やっているお茶まつりのようなものではなく、京都の茶産地で1年間にいくつかイベントがある模様です。

5月開催のイベント詳細もサイト明らかになっていなくて、宣伝しないと集客厳しいんだけどなあ、と心配になります。

より以前の記事一覧

ティー太のサイト

無料ブログはココログ