最近のトラックバック

カテゴリー「ゆるキャラ」の31件の記事

2013年9月28日 (土)

佐賀グッズ入手!

夕方に寄ったので、もう閉めていた市町ブースもありましたが、開いているところで佐賀グッズを入手してきました。

鳥栖市のJさんにご挨拶に行くと、さっそく非売品グッズをくれました。おおきに♪

13_11
ビニルコーティングもしてある立派なとっとちゃんカード

13_12
裏は鳥栖観光の紹介。おお

こんな感じで各市町のカードができて、佐賀カードコレクションができたらいいなあ。

13_13
新鳥栖駅のキャラ、トッスィのハンドタオル。友人がこのキャラのとってもファンです。

13_18
Jさんが「くすり博物館から香り袋持ってきたんですよ~。いろいろ絵柄がありますよ!」と数種類を広げて見せてくれた中で、一番右端にチラッと見えたこの柄がかなり気になって購入しました。香り袋100円也。

13_19
鳥栖観光コンベンション協会発行の鳥栖本。この本の紹介記事を読んで気になってたのよねー。350円也。

13_20
11月の佐賀旅に向けて予習せねば。

13_14
嬉野温泉のゆっつらくんマスコット。顔は一個ずつ絵付け職人の手描きで微妙に表情が違うんですよ!とのこと。ちょっと彫り込んであり、なかなか手間がかかってますな。1200円也。大きいぬいぐるみ(2000円)も気になったけど、散財しちゃうよなー。

13_15
イラストよりもかわゆさアップやね。

13_16
背中にはお茶の葉~

13_17
ゆっつらくんタオル400円也。ゆるキャラタオルは、普段も使えてよかよか。

JR大阪駅で佐賀フェア!

今日は講習会参加で全く行けないと思っていた「泊・食(ぱくぱく)♪佐賀旅フェアin大阪」でしたが、講習会が早めに終わったので、すぐJR大阪駅に向かいました。

13_01
あ!碗琴のおじさまが激しく演奏中!

昨年阪神百貨店の催事にも登場していた碗琴演奏がほぼ屋外に登場です。有田焼の器を使って音楽を奏でています。写真を撮って、フェイスブックに投稿しようと、ぽちぽち入力していたら、佐賀県大阪事務所の職員さんが寄ってきて挨拶をされました。会場に到着して2分ほどで発見されるとは。毎年NHK大阪のアトリウムで開催していますが、今年はJR大阪駅に場所を替えてみたとのことです。場所は狭くなりますが、いろんな人が通るので、注目度はかなり上がりますね。

13_02
演奏後は佐賀物産が当たる抽選会。早速長蛇の列!

13_03
特設ステージの反対側には市町ブースが並んでいます。物販あり

13_04
セラミー有田焼創業400年のマスコットキャラクターで、有田町の住民票ももっています。おお。

13_05
背中には有田焼創業400年マークが!

13_06
大丸前に神埼市のくねんニャンと鳥栖市のとっとちゃんがいるんですよね。うふふ

13_07
鹿島市のかし丸のムツゴロウポシェットを奪いたくなりました。ムツゴロウの黒目の形はハート型です。近づいて見てね。

13_08
唐津城の唐ワンくんは相変わらすいろんなポーズをとってくれます。上海出張も終えたところで、激務続きでちょっと全体的によれよれになってきてるかな。

13_09
道行く人がたくさん立ち止まって、佐賀のゆるキャラたちとふれあっていました。親子連れも、おっちゃんおばちゃんも、外国人もみんな楽しそう。そんな光景を見て、じーんとしたわ。

13_10
佐賀ゆるキャラ6人が集合して、一日目は終了。

2013年5月23日 (木)

神農さま活動中

毎月23日に大阪道修町の少彦名神社で献湯祭があります。昼休みに、もう終わったかな~、と神社を覗いてみると・・・。

Photo
神農さまがいらっしゃいました

まさか神社に関連するゆるキャラを見るとは。

神農は中国の薬の神様で、少彦名神社に日本の薬の神様・少彦名命とまつられています。茶マニアには、解毒で茶を使ったエピソードでおなじみですね。(この話についてはいろいろご意見はありますが)

写真の神農さまは一昨年の神農祭にて手ぬぐいのイラストで見かけていましたが、このような姿に具現化されているとは。神農さまのマネージメントは、神社ではなくインクロムがしています。インクロムのスタッフの話によると、今年4月から活動しているとか。神社側とも打ち合わせをして了承を得ているそうです。ありそうでなかった姿ですが、昨今のゆるキャラブームで理解してもらいやすくなったとのこと。献湯祭には昼の部に参加。

神農さまの活動の模様は、インクロムのニュースページや、神農さまのフェイスブックページでどうぞ。

2012年9月29日 (土)

佐賀フェアをチラ見してきました

今日は他に用事があるので、佐賀フェアはチラ見です。20分ぐらいしか見られなかった。明日がっつり見ようと思っているんだけど、関西に台風が上陸しそうやねんなあ。うーむ。

12_03
全体の様子

12_04
佐賀市:シシリアンライス、古湯
多久市:多久聖廟グッズ

12_05
伊万里市:黒米、牛みそ汁
武雄市:レモングラス

12_06
有田町、香蘭社、深川製磁:磁器

12_07
嬉野市:嬉野茶、釜炒り茶

12_08
鳥栖市:ちゃんちゃん坊、とっとちゃんグッズ

12_09
案内看板

12_10
小城市:小城羊羹、ようかん右衛門・こい姫グッズ
鹿島市:酒、稲荷羊羹 鍋島は売り切れてたわー

12_11
唐津市:唐ワンくんグッズ
神埼市:そうめん、ラーメン、うどん

12_12
総合案内

12_13
絵付け体験

12_15
絵付け体験中

12_14
ぬり絵コーナー

12_16
幕末歴史紹介

あ!なんか来た!

12_17
「ゆ」ということは、嬉野か武雄か?

12_18
嬉野温泉のキャラ「ゆっつらくん」でした。背中の羽はお茶の葉かしら

今回気づいたことは、佐賀の人は結構カメラ目線しちゃうことね。

そうそう!カバンにシシリアンライスのキャラ、シシリアンナちゃんのマスコットをつけていったら、佐賀市のブースの人が気づきました!それを付けている人を初めて見た、とも言われました。くふふ。クリアファイルもありますよね!と佐賀市のブースのおねえさん、うれしそうでしたわ。

12_19

12_20
多久市のブースにあった起き上がり小法師(1400円)
明日には無くなっていそうな少ない個数展示だったので、今日買っておきました。博盟工房の久保博盟(ひろちか)さん作です。家でじっくり見てみると、非常に丁寧に描いているなあ、と感心しきり。

2012年8月31日 (金)

9月に大阪で佐賀フェア

今年も大阪で佐賀フェアがあります!唐ワンくんも来るよ!

以下はNHK大阪放送局のページより。

佐賀!よかとこ発見フェア!
「佐賀に触れる三日間、きっとあなたも好きになる」

平成24年9月28日(金)~9月30日(日) 午前10時~午後5時

関西のみなさんに佐賀の魅力をまるごと知ってもらうイベント、「佐賀!よかとこ発見フェア!‐佐賀に触れる三日間、きっとあなたも好きになる‐」が開かれます。 今年は、“景観が美しい地区”や“地域を象徴する建造物”で構成する「22世紀に残す佐賀県遺産」と、日本近代化の先駆けとなる、「幕末佐賀藩の歴史遺産」をパネルやタペストリーで紹介しています。 また、体験コーナーでは限定35名様に有田焼の絵付け体験や、佐賀のゆるキャラたちも大集合します!そのほか佐賀県産品の販売、有田焼の展示販売、観光地の案内も行なわれます!この機会に佐賀の魅力をぜひ楽しんでください!

会期 平成24年9月28日(金)~9月30日(日) 午前10時~午後5時
場所 NHK大阪放送局アトリウム
主催 佐賀県、社団法人佐賀県観光連盟
後援 NHK大阪放送局、大阪府

<9/3追記>
チラシ画像を追加します。クリックで拡大。

2012

2012年8月 4日 (土)

ありたんに会ったよ!

有田陶器市のキャラクター・ありたんが阪神にやってくるなら、もちろん会いに行かねば。

14時過ぎに会場に着くと、碗琴演奏が始まっていました。有田焼の器を使って音楽を奏でています。茶碗や丼鉢での演奏の後、器を太鼓に見立てた演奏にうつっていました。

01
左側の皿を裏返したようなものがシンバルの役目で、
右側が大きさの異なる太鼓という感じ。
音の響きは、お寺でお経を唱えるときに置いて使う鐘・磬子(けいす)みたいな感じ。

02
再びお茶碗や丼鉢での演奏へ。
透き通るようなきれいな音色です。音色も気になるけど、絵付けも気になった。

08
オカリナは元々焼き物ですが、他に横笛やカスタネットも作成。

演奏の合間のトークもおもしろくて、最後に「他の地域の人は遠慮するんだけど、大阪のお客さんは断ることなくこの楽器を叩いてくる」と言っていました。大阪人はやりたがりですからねえ。後の回では、実際にみなさんと演奏してみる時間を設けるとか。

八戸窯のお姉さまに聞いてみると、有田の焼き物イベントにはよく登場する方だそうです。コツは叩くときに器に当てて止めるのではなく、弾くように叩くこと。止めると割れるのです。当人は歌うように叩いていますよ、とは言っていますが、結構練習しないときれいな演奏にはならないよねえ。

さて、演奏が終わってしばらくすると、ありたん登場です。

03
ありたん大きいなあ、ん?この司会のお姉さん、誰かに似ているような…。

04
司会「ありたん、格好いいポーズは?」
と言われてとったのがこのポーズ。うーむ。

じゃんけん大会では、ありたんの体全体を使って表現したグーチョキパーで勝負。子どもだけでなく、大人も参加可。じゃんけんに勝つと、ありたんのオリジナルストラップがもらえます。着々とお客が勝っていくのですが、中には負ける人も。

そこですかさず司会のお姉さん。

司会「お客さんはパーですね、ありたんは何を出したのかなー?」

と言うのを聞いて、ありたんはじわじわ~とグーのポーズに変えていくのです。そう、必ずお客さんが勝つ段取りになってるんですねえ。そしてめでたく私もありたんストラップを手に入れました。わーい。

05
後姿を見てみると、
頭の器は髪型ではなく、被りもんと判明。

パフォーマンスがあると、いつもは地味ーな陶磁器販売も華やかになりますな。特に大阪は人が寄ってきて、じゃあ器もちょっと見ていこうか、となるもん。

結局、8/2~4にかけて会場を眺めて、気になった器を4点買いました。
「琳泉窯」でお皿を2枚、道雪窯でマグカップと角皿。

琳泉窯は絵付けがすてき~。他にも気になる絵柄はあったけど、今回は2枚にとどめました。道雪窯は、蛸唐草の柄が好きなので、やはり何か買っておきたいところ。亀甲紋か化学式かのような絵柄も面白くて購入。佐賀旅ではあまり散財しなかったため、ここで財布のひもがゆるみましたさ。

そんな佐賀の器で夕食♪

06
手前のお皿2枚が琳泉窯
マグカップと角皿が道雪窯
奥の小鉢は深川製磁
お茶碗は口福なお茶漬け碗(桜柄)

ご飯はさがびよりです。穀米と炊いてます。

09
サラダてんこ盛りのお皿の絵柄はこんな感じ。

なんだかとっても佐賀まつりな1週間でした☆

阪神で佐賀の器に会える!

阪神百貨店8階催場で「有田陶器ぶらぶら散歩」を開催中。8/1(水)~8/7(火)まで。


参考イメージ

作家さんも4名お見えで、実際に絵付けをしているところが見られます。

「八戸(やえ)窯」も来ていて、柄の土を練っているところも見ました。金太郎飴と同じように、色土を練り合わせて、器の柄にしています。

商品参考写真


「琳泉窯」の作品がおもしろくて、主に染付けで、かわいいうさぎ柄から鳥獣戯画のリアルな人物描写柄まで、いろんな人が気になりそうな品揃えです。器の大きさや形が日ごろの食卓に使いやすいものが多くてええ感じです。8/2に初めて会場で見て、実は火曜日まで佐賀に行っていましてー、と作家さんと佐賀話で盛り上がっている間に、鳥獣戯画のリアルな人物描写のそば猪口が売れてゆきました。買ったのは欧米系のアニキ。8/3に家の食器棚と相談の上、あれもこれも気になる!と悩んだ末に中ぐらいの皿を2枚買いました♪

商品参考写真

他にも蛸唐草をびっちり手描きのお皿も気になったなあ。そこの作家さんが、「それぞれ柄の配置を変えて描いてます」といろいろ話してくれました。どれもおもしろかった。

百貨店の食器売り場によくやってくるセールの器とは全然違って、素敵な作品がいっぱいなので、ぜひ見に行ってください!見るだけならタダ!

さて、そんな会場のちょっと脇には、有田陶器市のキャラクター「ありたん」のグッズも売っていました。お茶碗、Tシャツ、お菓子など。お茶碗はありたんが被っているお茶碗そのものの柄でした。いや、被っているというより、髪型?8/4、5はありたん登場だそうです。登場時刻は、4日(土)14時 ~ 夕方までと、5日(日)10時~14時くらいまでとか。

ありたん

土日は、碗琴演奏やトークショーもあって、えらいにぎやかになりそうやねえ。

2012年5月 1日 (火)

宇治で茶摘みとお茶作り

ゴールデンウィークは、職場ががっつりお休みなので、職場の友人と行ってきました、「宇治新茶八十八夜茶摘みの集い」

10時前に京阪宇治駅に着くと、シャトルバスが発車していく模様。あ!と友人が手を挙げると、止まってドアを開けてくれました。その後、JR宇治駅へ向かい、駅前には長蛇の列が。みなさんやる気十分です。

受付でのくじ引きは末賞の茶飴でしたが、友人は茶さじを当てておりました。しばらく茶業センターには来ていなかったんだけど、いつのまにか隣りに立派な建物ができていますやん。これが宇治茶会館なのね。

そこの1階で、新茶の試飲をいただき、新茶(50g1000円)を購入。友人は四つ買っています。続いて、玉露園に向かうと、茶園の右側半分はプレス向けの茶摘み娘たちが茶摘み中。私たち茶摘み体験の人々は、左側半分で摘む。小学生集団が幅をきかせておりました。

その模様が、その日の朝日新聞夕刊に出ています。電子版にも掲載有り
私らは奥の方の黒い屋根みたいな所の近くに小さーくいてるねんけど。

Osk201205010034

渡された袋はとても小さく、ちょっと摘んだらすぐ一杯になる大きさ。私は物足りなかったけど、初体験の友人にはちょうどよかったようで。玉露の畑とあってか、摘んだお茶の葉は茶籠に回収。

宇治茶会館に戻って、玄関より上の階へ向かう。ホットプレートのお茶作り体験(参加費200円)が催されていました。11時の回にちょうどいい時刻だったので、申し込んで、展示の茶の木人形を鑑賞。覆い下園の掛け軸もあって、昔はこんな風に摘んでてん、と友人に解説。

開始時刻前に会場に入ると、あと10分ほどで終了なのに、まだできあがっていない班も。見て回っていくと、やはりスタッフに知り合いがちらほら。Eさんが先生を務める班にしてみました。

実はホットプレートのお茶作りは初めてで、お茶作りデビューは、京都の茶業の青年団と保存会の手揉み茶研修の時でした。焙炉がたくさんあり、まわりはガンガン揉み込むアニキたちばかり。そんな中、手探り状態で作るインストラクター班。遠い昔やな。もう10年前か。

01
既に蒸してあるお茶の葉をホットプレートに広げているところ

茎が長いので、どうも茶そば炒めに見えてならない。お昼前だし、おなかすいた。

葉のつやが無くなったところで、取り出して手で揉みます。4、5人に一つのホットプレートで、お茶の葉を二つに分けて交代で揉み込みました。つかめる量が少なく、空をつかんで左手が痛くなってしまいました。とほほ。しばらくは、お茶の葉は手にひっつくほどべたついた感じです。冷めてきたら、またホットプレートに戻して、熱を加えます。その繰り返し。べたつきが無くなってきたら、手のひらで撚るように揉みます。

さきほど仕上がりが遅かった班はオール女性で、力を入れた揉み方ではなかったそうです。今回は男性も半分ぐらいいるため、揉み込みが早く進みました。本格手揉み製茶6時間を体験しているので、私は1時間ぐらいでもできるねんなあ、と思っていましたが、摘んだお茶の葉を乾燥させて終わりと思っていた友人や、向かいのおじさま達は、なかなかできないと言っていました。

02
葉と茎に分けて乾燥中

茎の方が乾きにくいので分けています。葉の方はほぼ乾燥まで終わりましたが、茎は生乾きなので、別に分けて紙に包んでお持ち帰り。葉と茎をそれぞれ四等分しました。ちょうど一回分の量かな。

終わって会場を出たところで、久々にK嶋さんに会いました。今日初めて私が茶業者ではないことを知ったそうで、驚いていました。ただのお茶好きですけど、なにか?

おなかすいたー、と外に出てみたら、もうテント一つが店じまいをしています!お昼ごはんが!他のテントをぷらっと見て、おこわを発見、即購入。新茶の試飲コーナー近くの休憩所でお昼ごはん♪ もぐもぐしていると、前方から、もちやさん登場。もちやさんもおこわを手にしていました。三人でもぐもぐしながら、お茶話。

食後の運動で、抹茶の挽き臼体験をしてきました。

03
ちょっとひいただけで、たくさん出てくる・・・

ひいてもひいても、全然出ないイメージだったんだけど。と思っていたら、スタッフのお兄さんが、出やすくしていると言っていました。それゆえ、この抹茶を点てて飲んでも、あまりおいしくないとか。ふーむなるほど。

そろそろ茶業研究所に向かうシャトルバスが来るかな~、と思っていたら、突如、まゆまろが登場。お付きのお姉さんから、まゆまろグッズ3点(シール、ふせん、ピンバッチ)をもらいました。わーい。友人は早速ツーショット写真を撮る!

04
バス待ちの遠方からまゆまろを撮ってみた

第2会場の京都府の茶業研究所では、製茶工場見学 → お茶の香り体験 → 品種の違いを計ってみる・害虫展示 → 煎茶園で茶摘み → 水出し碾茶と煎茶の飲み比べ → 覆い下茶園の説明書き → 手揉み製茶見学 と、盛りだくさん。製茶工場には、碾茶の途中過程と完成のお茶の葉も展示してあってよかった。水出しは碾茶の方がおいしかった。やはり煎茶はお湯でいれて香りを楽しみたいねえ。

友人にとっては、初めて知ることばかりで、大人の社会見学気分。私が解説しながら巡ったのも良かったそうで。なるほど、お茶解説ツアーもおもしろいな。会場を出たのは3時前で、開催時間いっぱいお茶を堪能しました。

2012年2月19日 (日)

チラ見のハズのくまモンファン感謝デー

「第2回 くまモンファン感謝デーin大阪ミナミ」をチラ見してきました。16時だし、もういろんな出店も終わりつつあるんだろうな、と思いながら会場着。

01
おお、キャラバン隊の車だ。

先客がカメラ小僧してました。

湊町リバープレイスに上がってみると、終わりかけどころか、大盛り上がり中。人もたくさんいました。ゆるキャラも多数参加。あちこちで記念撮影しています。出店もまだ十分売り出し中。そうか、昨日今日と冷えたし、ちょっと人の入りが少ないんかもね。

一週巡って、トマトピーエンを食す。

02
トマトピーエン 500円→400円 トマトはオマケ!

太平燕(たいぴーえん)という料理が熊本にありまして。原形は中国の料理なのですが、アレンジが加わって、春雨にいろんな具材が入ったスープとなっております。トマトピーエンは、それのトマト煮込み版。具材は、白菜・たけのこ・みずな・トマト・きくらげ・貝柱・干しエビなど。春雨は、きしめんのような平べったいもの。お野菜たっぷりでおいしゅうございました。大阪でも、ぷらっと食べられる店があったらいいのになあ。

使われているトマトは熊本の八代(やつしろ)で作られたもの。日本一の冬トマト産地だそうな。みんなも、はちべえトマト食べてね。

トマトピーエンを食べ終わった頃には、出店がセールモードに入っておりました。熊本の食材を使った「横綱」の串カツが6本セット300円で売られていたので、即購入。今晩のおかず♪ そういえば、第3話『くまモン、新世界へ行く』の巻で、くしたんと新世界串カツ振興会会長さんと熊本串カツの相談してたな。買った串カツは、牛・鳥・馬?・エビの串カツでした。食後に全然もたれなくて、売り上げが上がりそうな串カツでしたな。

ステージに行ってみると、くまモン体操が始まったところ。

03
人だかりはすごいんだけど、みんな黙々と撮っていたな。

ふと会場地図を見たら、まだ行っていないところがあったので、向かってみる。
ああ!

こいのぼりと指湯の共演!どっちも好きな私にはたまらんコーナー。

04

05
杖立温泉がちょっとだけ温泉を楽しめる「指湯」をしていました。
足湯よりも手軽でいいね。

でっかいくまモンの遊技場の向こうには、くまモン写真展とゆるキャラグッズ販売コーナー。くまモン写真展では、くまモンへのメッセージを書くと、くまモンハガキが1枚もらえる。当然参加して、馬に乗って草原をかけるくまモンのハガキをもらいました。

となりのゆるキャラグッズ販売コーナーには、えべっちゃん、いしきりん、たきのみちゆずるくん、とらとうちゃん、レルヒさんのグッズが並んでおります。箕面のゆるキャラ、たきのみちゆずるくんの、小さいマスコットも大きいぬいぐるみも、実によくできておりまして、寄ってくるお客さんも、ゆずるくんのマスコットいいねえ、と言っています。悩んだ末、大きい方を買いました。ここで散財するとは。新しく登場した、モミジーヌも気になります。

2011年10月 2日 (日)

マジェンバ食べてみた

NHK大阪放送会館から、徒歩数分離れたところにある法円寺パルで、今回も佐賀フーズが楽しめるので、行ってきました。

11_38

シシリアンライスマジェンバが選べるランチ!

マジェンバは、最近小城市が地域ブランドとして作ったメニューです。

11_39
麺の上に具材が載せてあり、混ぜて食べるのです。

感想は、またもやキムチが加わっていて、本来のマジェンバの味とは違うんじゃないかなあ、と思いました。現地で食べてみなければ。大阪で提供するので、大阪フーズを加えたアレンジだそうです。でもねえ、大阪テイストは、昆布だしとか、ソースメニューと思うんだな。

また、佐賀フェアの会場に行こうと向かったら、私の前に3人様がきっと私と同じく佐賀メニューランチを食べて、また会場に行っているようです!がっつり佐賀を堪能してくれているようで、嬉しい。くふふ。

佐賀フェア会場にもどって、鹿島市のブースに寄ってみた。

11_40

11_41

ワラスボはいないの?と聞いてみたら、初日は元気だったけど、翌日星になってしまったそうです。ムツゴロウもこの日は星になっていた。子どもがいるときに聞かなくてよかった。生きたワラスボも見に行かねば。

佐賀フェア会場全体をお楽しみください。

11_42

11_43

11_44

11_45

11_46

11_47

11_48

11_49

11_50

11_51

11_52

11_53

11_54

ティー太のサイト

無料ブログはココログ